読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

【レビュー】Solo-Tourist アブロードキャリー57 ブラック AC-57

先日紀伊勝浦を旅行してきましたが、途中那智山等に寄る予定だったため、肩にかけられるリュックサックタイプのキャリーバッグを探していました。

選択肢はそう多くはなく、色々探したところ『地球の歩き方オリジナルキャリー』か『アブロードキャリー』のどちらかまで絞りました。

 

両方ともレビューはそこそこでしたが、『地球の歩き方オリジナルキャリー』の場合、所々のレビューに「ネジが突き抜けている」等といった記述を散見したため(実物を確認したわけではありませんので、実際どうかはわかりません)、アブロードキャリーの方を購入しました。

以下、3泊4日の旅行に使ってみた感想です。

購入の参考になればと思います。

 

大きさに関しては、冬服のような嵩張る服を入れない限り、3泊4日の荷物を納めるには十二分かとともいます。

タブレットをはじめとした様々な機械類を持ち運びますが、容量の面で困ったことはありませんでした。

 

最初はキャスターも安定していると思いましたが、使っていて困ったことが何点かありましたので、購入を検討されている方のために書いておきます。

島根を出発するまでは全く困りませんでしたが、岡山駅で新大阪駅行きの新幹線に乗り換えようと移動していた際、人があまりに多く、その合間を縫って駆け足で進もうとしたらうまい具合キャリーを動かすことができませんでした。

車輪が2つしかなく、一方向にしか進めないため、微妙なハンドリングができないためではないかと思います。

新幹線の中でも、通路で人とすれ違う時には、キャリーを横向きにすることができなかったため、手で持ち上げざるを得ないシーンが多々ありました。

人がたくさんいて、即座にキャリーを動かさないといけないシーンでは結構動揺します。

これはアブロードキャリーの欠陥というより、車輪が2つしかないモデル共通の事だと思います。

雑踏の中で素早く動かすには、やはり車輪4つを備えた通常のキャリーが強いと思いました。

 

しかし、那智山に到着したときにこのキャリーの真価が発揮されました。

階段が多いため、通常のキャリーでは辛いところですが、このキャリーはリュックサックのように背負うことができ、また重さが分散する設計になっているため、比較的楽々担ぐことができました。

 

以上の点より、リュックサックタイプの使い方が必要な方にはおすすめなキャリーだと思います。

ただし、そのような使い方をしないのであれば、車輪が4つついた、全方向への移動が楽な通常のキャリーをおすすめします。