読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

自宅で有酸素運動をしよう♪

8月からダイエットをはじめて、4ヶ月で約9キロ落とすことができました。

仕事をしている関係上、平日は時間が許す限り筋トレを、休日は10キロ程度のジョギングと筋トレをするようにしています。

お酒も毎日飲んでいたのを週2〜3回にして、食事にも気をつけたところ、平均月2キロちょいずつコンスタントに減ってきましたが、66キロになったところで体重に変化がなくなりました。

 

これまでの戦略は『(健康的なレベルで)摂取カロリーを減らして』『筋トレをして基礎代謝を増やそう』というものでしたが、これにも限界がありそうです。

一昔前に比べて随分脂肪は落ちましたが、下腹をはじめとしてまだまだ頑固に居座る脂肪の退治には至っていません(^^;

 

上記プログラムの問題点は『有酸素が少ない』という事に尽きると思いますので、平日に仕事から帰ってきてから家で出来る有酸素運動はないかと考えてみました。

ちなみに、私はど田舎に住んでいるため周りに街灯もなく、夜のジョギングは出来ません。

別記事にも書きましたが、効率的に減量をするためには心拍数の管理が大切ではないかと思います。

脂肪燃焼に一番適した心拍数があるため(それを上回ると無酸素運動になる)、その管理が容易で室内でも出来る有酸素運動をいろいろ探してみました。

 

 1.ボクササイズ

2.踏み台昇降運動

3.ステッパー

4.エアロバイク

 

1.ボクササイズ

以前コレで減量したことがあるので確実に効果があるのはわかっているのですが、心拍管理が難しいことと、正しい型がわからないため、今回は見送りました。

適当にやっていてもそこそこの効果はあるのですが、足の動きとかいろいろ難しいんですよね。

 

2.踏み台昇降運動

市販の踏み台は幅が大きすぎるものが多く、また、単調な動作が苦痛に感じたためパスしました。

 

3.ステッパー

スポーツショップに出向いて、ナイスデイなども試してみて、ある程度効果がありそうだなとは思いました。

ただ、やはり心拍管理が難しそうだったことと、レビューを見ていると油圧ステッパーは油温が上がると負荷が減るということ、そして油圧系の中には使っていると油漏れをするものもあるというのを散見したため断念しました。

 

4.エアロバイク

場所をとるため、最初は全く検討すらしていませんでした。

ただ、最近の機種の多くは省スペースになっているということ、そして静音性に優れた機種が出ているということがわかり、前向きに考え始めました。

上記した運動と同じで単調な動作には違いありませんが、タブレットスタンドなどがついた機種もあり、そこまで暇を持て余しはしないだろうと思いました。

また、お値段もそこそこかかりますので、元を取ろうと頑張るのではないかと思いました(笑)

ネットレビューを見る限り、モデルにもよりますが、アルインコとイグニオのエアロバイクが静音性に定評があるようです。

アルペンの実店舗にイグニオの14800円の機種と24800円の機種があったので、実際に試してみました。

周りがうるさかったのもあるかもしれませんが、動作音はほぼ気になりませんでした。

ただ、最大負荷にしてもそこまでキツくない上、ペダルが一周する際に必ずどこかで空回りする(負荷が一瞬なくなる)所があったため、見送ることにしました。

ただし、これは個体差がある現象かも知れませんし、店頭品のためいろいろな人が使って不具合があったのかもしれません。

非常に省スペースな作りになっており、折りたたみもできるため、アパート住まいにはちょうど良い機種であることは間違いないと思います。

興味のある方はお近くのアルペンに行ってみてください。

知りませんでしたが、イグニオってアルペンプライベートブランドだったんですね。

 

ということでほぼアルインコ一択で検討を進めました。

アルインコのエアロバイクのラインナップは非常に多岐に渡りますが、ある程度サドルの位置を自由に調整できるという点、負荷の調整幅が大きいという点、そしてタブレットスタンドがついて機能も充実しているという点から、AFB6215(プログラムバイク6215)にしました。

詳しいレビューは別記事でご紹介したいと思います。

広告を非表示にする