読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

エアロバイクのススメ 〜 自宅で簡単有酸素運動

低価格帯のエアロバイクは『連続運用30分以内』というリミットがあります。

実際には30分以上使えますが、摩擦熱による本体のダメージによって故障率が上がりますので、オススメできません。

1時間間をおけば使える機種がほとんどですので、

30分漕ぐ→1時間休憩→30分漕ぐ…という繰り返しになるかと思います。

この使い方をしていて困ったことが2点。

 

・結構汗をかくので、汗がバイク下部や床に落ちる。

・サドルに当たる部分が痛くなる。

・膝に結構負担がかかる。

 

上記全てが服装を工夫することである程度改善されました。

 

《改善策その1》コンプレッションシャツ&タイツを使う

コンプレッションタイツの中には、膝のサポートを重視しているものもあります。

エアロバイクを買う前はジョギングをしていたので持っていましたが、エアロバイクを使う際にも中々使えます。

また、エアロバイクを使う際には上半身はあまり使いませんので、コンプレッションで着圧を加える必要はありませんが、この手の製品は薄手で放熱性に優れているため、汗をかくとウェアがとらえてくれて、効率的に蒸発していきますので、汗が垂れて落ちる事は殆どありません。

 

《改善策その2》ヒップガードを使う

スノボーなどで使われるようですが、意外と自転車にも使えます。

コンプレッションタイツの上に履けば、お尻部分をそこそこ保護してくれます。

商品によっては、サイド・フロントにも保護剤が入っているため、不必要というか邪魔に感じたりもしますが、こればかりは仕方ありません。

ジェルパッド付きのサイクリングパッドを使うという手もありますが、本来は下着がわりに身につけるものであり、そこそこ値段もしますので、1日に何度もバイクに乗る人には不向きだと思います。