くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

ALINCO プログラムバイク 組み立てに困ったら&プチレビュー

AF7915E3(AFB6215のエディオンモデル)から異音がするようになったため、初期不良で交換してもらう事となりました。

再度組み立てること40分。

何ヶ所か困ったところがあったため、組み立て式のプログラムバイクを検討されている方向けに記録を残しておきたいと思います。

 

1.座椅子が前後にカタカタ揺れる。

ワッシャーの取り付け位置が間違っているかもしれません。

f:id:arumajirocket:20160104203414j:plain

この位置に取り付けないと不安定になります。

 

2.ハンドルのネジが回らない。

f:id:arumajirocket:20160104185741j:plain

 

見ての通り、中心部にドライバー用のくぼみがありますが、付属のドライバーを使っても綺麗に締められません。

それどころかネジ山が潰れていきます。

このネジの締め方は、レバーをしっかりと握り、ハンドルに向かって垂直に力を入れた状態で、レバーを右方向にギュッギュと回していきます。

途中空回りしたら、とにかく垂直方向に力を入れながら回すことでなんとか締まります。

 

【総括】

組み立て式or完成品?

比較的低価格でそこそこのエアロバイクとなると、アルインコが候補に出てくるのではないかと思います。

アルインコ製品には組み立て式のものと完成品がありますが、どちらにせよ低価格品ということもあり、作りの粗さはどうしてもあります。

組み立て式ともなると、マニュアルのシンプルさも相まって組立方法がわからなかったり、不安になることもしばしば。

したがって、購入されるのなら完成品をおすすめします。

上記モデルはエディオンオリジナルモデルということで、価格はオリジナルモデルに比べてかなり安いですが、オリジナルが完成品だったものが、エディオンモデルは組み立て式になっています。

このように、安い商品には必ず理由がありますので、購入までに色々調べてみることをおすすめします。

 

組立後にすべきこと

しばらく乗ってみて、おかしな振動がないかチェックしましょう。

はじめての製品の場合、どこまでが正常でどこからが異常かは判別しづらいですが、普通に考えてガタつくべきではないところがガタついたり、震えるはずがない場所が震えたら、マニュアルを見ながら再度組み立てを点検してみましょう。

とかく製品の欠陥を疑いたくなりますが、多くは自分の組み立てミスです(笑)

 

 異音がしたら

アルインコ製品は静音性に優れたものが多いですが、それでも無音ではありません。

コォォッというベルト音や、たまにカタカタというベルトの振動音がします。

それ以外の異常な音に出会った場合、しばらく様子を見たら直る場合があります。

私の場合、購入後5日目に隣の部屋まで響く「キィィィィィィ」という高周波の音が聞こえてきたため、サポートに音を聞いてもらった上で交換してもらうことにしましたが、サポート依頼2日後に音がしなくなりました。

初期不良交換時期なら早急のサポート依頼が重要ですが、そうでないのであれば、数日様子を見るというのもアリかなと思います。

 

タブレットスタンド搭載モデル

タブレットで動画を見ながらやると良い暇つぶしになりますが、スタンド自体が液晶モニタについているため、タブレット使用中はモニターが一切見えません。

途中で設定を変えることは殆ど無いので、そこまでの不便はありませんが、心拍計付きのモデルをお使いの方は心拍を把握できないのは痛いかもしれません。

ただし、この手のエアロバイクについている心拍計の精度はかなりアバウトなので、正確な心拍を知りたいなら、ハートレートモニターを別途準備してもよいでしょう。

ハンドグリップにハートレートセンサーがありますが、汗を拭くためやボタンを押すために一瞬手を離すと、値が不正確になったり、すぐに心拍を見失い、正確な数値を再度拾うまでに数十秒かかるため、あまり使い勝手が良いとは言えません。

 

30分の壁

マグネット式バイクの多くは30分以上の連続使用を禁止しています。

磁石を使って強度を調整していますが、発熱しやすく、30分を超えて使用すると故障率が高まるからです。

レビューなどを見ていると、「30分以上使えた」などの記載を散見しますが、これだけのデカブツですので、一度壊れると修理に出すのも一苦労ですので、使用上の注意は守ることをおすすめします。