くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

南紀勝浦温泉 ~ ホテル浦島

G.W.を利用して和歌山県を訪れました。

お目当ては『ホテル浦島』です。

一気に紀伊勝浦まで行くのはしんどいので、1日目は島根発、岡山経由で新大阪へ。

2日目は特急くろしお号でお目当ての紀伊勝浦駅へ行きました。

こうすると13時前に勝浦まで到着するので、温泉を満喫できます。

 

チェックインは2時ですので、まずは腹ごしらえから。

和歌山ラーメンといえば井出商店ですが、本店は和歌山駅近くにあるため、のれん分けした『たんぽぽラーメン』へ行きました。

f:id:arumajirocket:20150502133019j:plain

13時頃に訪れましたが、店内はお客さんでいっぱいでした。

f:id:arumajirocket:20150502131339j:plain

スープは醤油がしっかりきいた甘めのものでした。

本家の井出商店にも行ったことがありますが、店内に入るやいなや強い豚骨のにおいがして、スープ自体も豚骨がよく効いた大変パンチの効いたものでした。

タンポポラーメンの場合、醤油の味の方が強いのか、豚骨は前面に出ていないように感じました。

豚骨臭が苦手な人にはお勧めです。

 

ラーメンを堪能したら、次は船に乗ってホテル浦島へ向かいます。

勝浦港の観光桟橋付近に浦島号が到着しますので、それに乗ってホテルに向かいましょう。

JR紀伊勝浦駅周辺マップ|那智勝浦町観光協会

f:id:arumajirocket:20150502135352j:plain

f:id:arumajirocket:20150502140951j:plain

f:id:arumajirocket:20150502135333j:plain

写真に写っているのがホテル浦島ですが、これでもまだ全景ではありません。

ホテルというより、一つのアミューズメントパークのような場所です。

 

ホテル浦島には6つの温泉があり、それぞれに特徴があります。(泉質は一つを除いてほぼ同じですが)

注意したいのが山水館にある温泉です。

営業時間が短いもの、翌朝の営業がないものもありますので、早めにまわることをおすすめします。

3つ以上の温泉に回り、各浴場に備え付けられているスタンプを押したら、粗品として入浴剤をもらえます。(バスキング謹製ですが/笑)

 

温泉はすべて源泉掛け流しです。

一部を除いて白濁した硫黄臭の強いお湯で、島根県ではまずお目にかかれない珍しいものです。

温泉好きならば一度は訪れたいところですね。

中でもすばらしいのが忘帰洞と玄武洞でしょうか。

それぞれ洞窟の中に浴場があり、露天からは海が見えます。

 

山水館にある温泉では、地上32階・33階から紀伊勝浦を一望できます。

また、館内には狼煙山遊園というところがありますが、とてもホテルの一部であるとは信じがたい、本格的な観光ができます。

f:id:arumajirocket:20150502172037j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172135j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172345j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172253j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172516j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172618j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172717j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172752j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172955j:plain

f:id:arumajirocket:20150502172949j:plain

f:id:arumajirocket:20150502173247j:plain

f:id:arumajirocket:20150502173923j:plain

f:id:arumajirocket:20150502174019j:plain

是非2時にチェックインして、半日がかりでホテル浦島を堪能することをおすすめします。

広告を非表示にする