読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

【柿の木温泉】はとの湯荘

島根県にある濁り湯は中部~西部に点在しています。

今回はそのうちの1つ、鹿足郡吉賀町にある2つの温泉を紹介したいと思います。

 

【1】はとの湯荘

道の駅かきのきむらの近くにあります。

湯船も広く、低価格で利用しやすい日帰り温泉ですね。

お湯は茶色で、お湯の中に手を沈めていくと、胸とおなかの境界線あたりから見えなくなるくらい濁度が高いです。

また、浴槽には温泉成分がかなり堆積しており、濃厚な温泉が楽しめること間違い無しです。

湯船に張られたお湯自体からは大してにおいはしませんが、注ぎ口から出てくる半透明なお湯(かなりぬるい)からは鉄のようなにおいがします。

同じ茶色いお湯の「出雲駅前らんぷの湯」などは、お湯の中に茶色い浮遊物が結構見えるのですが、こちらはそれも見えないくらい、濁度も高く、おそらくお湯の中の成分の粒子も小さいのでしょう。

この時期はお湯の温度を39度に固定しているらしく、熱すぎず温すぎないちょうど良い温度でした。

鍵付きのロッカー、シャンプー、ボディーソープもありますので、タオルさえ持って行けばOKです。

1度行っただけでファンになってしまいましたが、いかんせん遠いのでなかなか行けそうにありません。

 

【木部谷温泉 松乃湯】

はとの湯荘からさらに六日市側に進んだところにあるのが松乃湯です。

温泉宿ですが、日帰り入浴もやっておられます。

一回料金と半日料金というのがあり、半日は5時間滞在になるのですが、一回の滞在時間がどの程度に設定されているのかはわかりませんでした(^^;

こちらははとの湯荘以上に濃厚なお湯で、胸の真ん中あたりから沈めた手が見えなくなるくらい濃厚なお湯です。

いろいろな口コミを見られると、写真付きで説明されていると思いますが、源泉を出すレバーと、温泉温度を上げる蒸気を出すバルブがあります。

湯量と温度の調整は利用者が行うことが出来ます。

もともと源泉温度が低いため、入ったときの温度はかなりぬるめでしたが、真夏日でしたのでちょうど良かったです。

こちらはお湯自体の鉄のにおいが強かったです。

また、壁や床が緑色になっているところがあり、説明書きを見ると、どうやらこれらは藻のようです。

施設自体古く、浴槽や壁も大分汚れている印象はありますが、お湯は本当に良いです。

そしておもしろいのが、男湯と女湯を仕切る壁の上部があいているので(といっても、もちろんのぞける高さではないですよ)他に利用者がいなければ普通に会話できます。

奥さんと一緒に行ったので、しばらく他の利用者さんのいらっしゃらない間は話をしながら入浴していました。

鍵付きロッカー完備、洗髪料別途となります。

また、旅館のそばの道を上っていくと、30分ごとに間欠泉が吹き出す光景を見ることも出来ます。

 

私が撮った動画ではありませんが、参考までにYoutubeから引っ張ってみました。


島根県木部谷温泉間欠泉 - YouTube

 

泉質はどちらも良いですので、広くて綺麗な方が良ければ『はとの湯荘』、秘湯感を楽しみたければ『松乃湯』に入られると良いと思います。

広告を非表示にする