くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

【掛合】まめなかセンター

当ブログでも何回か取り上げさせていただいた『まめなかセンター』ですが、この度トレーニングセンターを初体験してきました。

 

利用できるトレーニング機器は以下のとおりです。

(1)電動マッサージ機×1

かなりボロボロですが、もみ球の力は結構あります。

レーニング後にぜひ。

 

(2)ランニングマシン×1

本体下部の主電源(物理ボタン)を入れないと使えません。

ウォーキングからランニングまで普通に使えますよ。

 

(3)エアロバイク×2

機種が違うバイクが2台あります。

結構古いですが、負荷はしっかりかかります。

 

(4)腹筋台×1

どこにでもある普通の腹筋台です。

革張り部分の革が伸びていて、それを背中で感じますが(笑)、実用上問題はありません。

 

(5)ウェイトトレーニングマシン(胸筋用)

右手用、左手用のバーがありますので、それをつかんで前にプッシュする(押す)形で負荷がかかるマシンです。

やり方が悪かったのだと思いますが、あまり胸に効いた感じはしませんでした(^^;

 

(6)ウェイトトレーニングマシン(背筋用)

右手用、左手用の取っ手をつかんで、ボートを漕ぐみたいに手前に引く形で負荷がかかる形です。

(5)と同じく、やり方が悪かったのだと思いますが、あまり背中に効いている感じはしませんでした(^^;

 

(7)ウェイトトレーニングマシン(太もも用)

足首にバーをあてて、両足を上げることで負荷のかかる定番のマシンです。

これはなかなか効きます。

 

(8)ウェイトトレーニングマシン(下半身全体用)

言葉での説明が難しいですが、椅子に座ると、目の前に椅子に平行な金属の板がありますので、それに両足をあてます。

両足に力をこめると、座っている椅子が後ろに動きます。

この動きを繰り返すことで、ふくらはぎや太ももの筋肉が鍛えられます。

初めて見たマシンですが、なかなか楽しかったです。

 

全体的に年代物のマシンが多いですが、上半身、下半身を鍛える最低限のものはそろっているかなと思います。

料金は210円と低価格ですので、日頃の運動不足を解消する目的は十分果たしてくれると思います。

本格的なトレーニングがしたい場合は、松江のジムなどに行かれると良いかと思います。

 

参考までに、同じくトレーニングルーム付きの大森の湯との比較をしてレビューを終えたいと思います。

 

1.料金

大森の湯:100円

まめなかセンター:210円

 

2.マシンの数

大森の湯>まめなかセンター

 

3.温泉の質

まめなかセンター>大森の湯

※まめなかセンターのお湯は、県内でも珍しい茶褐色の濁り湯の源泉かけ流し式です。

※大森の湯のお湯は、循環式でそこそこ塩素のにおいのする透明なお湯です。

 

そもそもこの2つの施設を比較する必要があるかと言われたら全くもってないのですが(笑)、安くトレーニングをしたいなら大森の湯をお勧めします。

松江市にお住まいの方で、トレーニングだけしたいのであれば島根県立水泳プールのトレーニングルーム(一般330円)もありかと思います。

来待にある大森の湯と、掛合にあるまめなかセンターだと利用者層にも違いがあると思いますし、それに伴う利用者のニーズが違うと思いますので、どっちが良いという話ではないと思います。

私自身、現在住んでいる家からアクセスしやすいのはまめなかセンターなので、実際に使ってレビューをしてみましたが、日ごろ運動する機会の少ない私にとって、どちらも有り難い施設であることは間違いありません。

 

まめなかセンターは、恐らく地域の方が受付を分担してくださって、色々なサービスを安く提供してくださっていらっしゃるのだと思いますが、どなたも非常に丁寧で、誠意をもって対応していただけるので、お勧めしたい施設です。

利用料金の安さには理由があり、スタッフの皆さんのたゆまぬ努力にあるので、それを忘れないようにして、使わせていただきたいものです。

 

こちらに限った話ではありませんが、島根県には他県に比べて安い料金で利用できる温泉施設が多いです。

ただ、その安さにはそれなりの理由があるのではないかと思います。

利用者として色々思うことはあるかもしれませんが、地域の皆さんの努力で極めて低価格でサービスを利用できているという点を考慮に入れて、思いやりを持って使ってほしいなと思います。