くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

NHKの怪

つい最近引っ越しをしたので、NHKの移転手続きもネットで行いました。

そうしたら本日NHKの方がいらっしゃって、その方が仰るには、この地域はケーブルテレビを使えばNHKの衛星放送が入るため、その場合は契約内容を変えていただかなければなりません、との事。

 

以前の記事を見ていただければ解ると思いますが、光インターネットすら使えない地域です。

NHKの仰るケーブルテレビとやらも、引っ越し時に問い合わせたら、対応住宅ではないので、と断られました。

引っ越し当時、かなりのデジタルディバイドにショックを受け、ずいぶん落ち込みましたが、正規の手続きを踏んだはずのNHKにまで傷口に塩を塗りたくられるとは思いませんでした。

 

担当の方には、ケーブルテレビが使えない旨を伝え、外から見ていただいてパラボナアンテナも設置されていませんし、疑うならば訴えないので中に入って好きなだけ調べても良い旨をお伝えしたところ、大変恐縮されて帰って行かれました。

本当に衛星放送が映るなら何でもするのですが・・・残念ながら、私の現住所では、地上波すらたまに映らないことすらあります。(近くに山があり、電波が不安定になるようです)

 

NHK関連の法令が制定された時代と今では大きく情報に関わる環境も変わっています。

当時は何かあればNHKで情報を得る、という公益性の側面もあったかもしれませんが、ネット全盛期の今、それが成立するとは必ずしも言えない気がします。

今こそNHKのあり方について再検討し、契約していない家庭にはスクランブルをかけるなど、やり方があるのではないかと思います。

 

外回りをしていらっしゃる方は 非正規職員の方でしょうから、正直ご同情申し上げますが、正しく契約している人まで疑い、お金を取ろうとするNHKの姿勢には疑念を抱かざるを得ません。

そこまで公共性の高い放送内容を確保し、経費に関しても、正当な説明ができるような使い方をしているのかと問いたいです。

 

NHKの方針ができる日を、切に希望します。

NHKの受信料を払わなくてもすむなら、NHKを見ないという人たちがNHK受信料を払わずにすむ日が来ますように。

そうでないなら、NHK受信料を払っている人たちが「受信料を払って良かった」と思える努力を、NHKはすべきです。