読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

【UPS】BY35S バッテリー交換【OMRON】

オムロンのBY35Sはバッテリー交換が可能なモデルで、購入後1か月以内に製品登録をすれば、3年以内に劣化したバッテリーを無償で交換してくれます。

バッテリーの劣化は本体が判定します。

 

交換プログラムの利用方法は極めて簡単。

オムロンのサイトに行き必要事項を入力すれば、数営業日で指定された住所に届きます。

必要事項といっても、製造番号・製品名・バッテリー劣化のアラートの有無・返送先程度ですので、手間も時間もかかりません。

 

今回初めて交換プログラムを利用させていただき、普通に購入すれば9000円近くするバッテリーを送料も含めて無料で提供していただきました。

バッテリー交換が終わった瞬間の一番の感想は…

 

固い

 

です(笑)

冗談抜きでバッテリーと本体を接続するプラグが固すぎて抜けません。

 

内蔵バッテリーにはプラスとマイナスの端子があり、これはただの金属の板です。

本体からは赤と黒のケーブルが出ており、先端には楕円+筒状のコネクタがあります。

このコネクタを金属板に差し込むことで、本体とバッテリーが接続されています。

外から見てもどのような繋がり方をしているかわかりづらく、なおかつ固いため、これは永遠に外れないのではないかと思ってしまいます。

ですが、イメージとしてはUSBの差し込み口にUSBケーブルが刺さっているのとなんら変わりありません。

変な引っ掛かりがあるわけでも、角度を付けないと抜けないわけでもありません。

ただ、最後に接続されてからあまりに時間がたちすぎているため、抜けにくいのだと思います。

 

まずは赤いケーブルですが、マニュアルにあるよう、揺らしながら引っ張れば何とか抜けます。

先ほど言ったように、筒状のコネクタに金属板を差し込んでいるだけですので、頑張れば必ず抜けます。

どうしても抜けなければラジオペンチなどを使っても良いと思いますが、被膜を傷つけるのが怖かったので、使いませんでした。

 

黒いケーブルは道具なしでは抜けません。(たぶん)

少し大きめのマイナスドライバを使い、金属板とコネクタの接合部にあて、テコの原理で何度かドライバを動かせば驚くほど簡単に抜けます。

 

ネットでも固くて大変だったという書き込みが多く、中には30分かかった人もいるようです。

私は幸い10分でしたが…

 

いずれにせよ、固い以外には神サービスだと思います。

広告を非表示にする