読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

【雲南】塩ヶ平温泉【濁り湯】

雲南といっても、中国の雲南省ではありません(笑)

映画「うん、何」で脚光を浴びた島根県雲南市の事です。

島根県の東部に位置するこの市は、実は良い温泉の宝庫だったりします。

その一つが、今回ご紹介します塩ヶ平温泉です。

 

三刀屋木次インターチェンジで高速を降り、国道54号線をひたすら掛合方面へ(松江市とは逆方向)。

20分も走れば、目的の温泉が左手に見えてきます。

施設の正式名称は「掛合まめなかセンター」と言います。

 

入湯料は大人300円。

これでシャンプー&リンス&ボディソープ込みですので、破格値と言っても過言ではありません。

鍵付きロッカーありです。

湯船は小さく、大の大人が4人も入れば窮屈になるくらいの広さですが、限られたお湯を大切に使っているのだと考えれば好印象が持てます。

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉で、茶色いお湯は見るからに濃厚です。

実際に入ってみると、お湯は大変柔らかくて軽い感じがして(重さを感じない)、肌がスベスベになります。

日や時間帯によるかもしれませんが、湯温はやや高めで、お湯も濃いため、長湯をすると湯あたりを起こす恐れがありますので、休憩しながら入って下さいね。

(前述の通り、お湯が柔らかく軽い感じがするので、いくらでも長湯できる気がしますが、油断は禁物です)

 

あと、この温泉で特徴的なのは、男湯にはサウナがあるけど、女湯にはサウナが無い点です。

雲南市に住んでいた頃によく通っていましたが、「サウナがあるよ」という私の話を聞いた奥さんが狭い浴室内ををいくら探しても見つからなかったそうなので、きっと無いです(笑)

同じ料金なので是非女湯にも作っていただきたいところですが…

ともかくも、泉質はオススメですので、知覚にお立ち寄りの際には是非訪れてみて下さい。

 

温泉を楽しんだ後は、是非ともお食事をして帰って下さい。

オススメは中華料理屋のドンシューです。

酸辣ラーメンと唐揚げが絶品です。

その近くにラーメン麺太鼓がありますが、こちらの辛々ジャン麺はある意味オススメです。

辛いのが平気な私でもビックリするくらいの辛さですが、それでいてコクがあるスープはやみつきになります。

あと、好みが分かれるかもしれませんが、餃子もオススメですよ。

フワッとしたタネがたくさん入っていて、辛い味噌ダレでいただくと最高です。

 

長くなりますが、近隣のオススメ温泉も載せておきますね。

 

近隣のオススメ温泉

出雲湯村温泉

数々の温泉口コミサイトでも上位に食い込んでくる温泉ですね。

湯乃上→清嵐荘の順でオススメです。(どちらも甲乙つけがたいのですが、湯乃上館のリバービューと木の暖かみに溢れた温泉施設はすばらしいです)

加田の湯

少し離れた飯南町になりますが、こちらも大変濃厚な茶色のお湯です。

私の記念すべき湯あたりした温泉一号です(笑)

大変入りやすい温泉ですが、濃厚故に長湯は禁物。

 

頓原ラムネ温泉

その名の通り、炭酸温泉ですね。

日によって温泉の色も若干変わるようです。

以前に比べて炭酸量は減ったとか…

 

その他にも評判の温泉はたくさんありますが、すべてまわることは出来ませんでしたので、この程度にしておきたいと思います。

広告を非表示にする