くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

【島根】海潮温泉 〜 海潮荘

島根県雲南市大東町にある海潮荘にお邪魔して来ました。

近隣にある日帰り入浴施設、桂荘はよく利用していましたが、こちらは初めてです。

以前はHPに日帰り入浴の案内も載っていましたが、最近は見かけませんので、日帰りで利用される際は利用の可否を事前に問いあわせてみると良いかもしれません。

今回は宿泊でお世話になりました。

 

このレビューは前半が温泉、後半が部屋・料理になります。

 

【温泉レビュー】

海潮荘の温泉は全部で3つです。

1つが家族風呂、後の2つが男湯と女湯で、こちらは朝夕で入れ替えられます。

 

まずは家族風呂から。

地下にありますので、足元に気をつけて階段を降りてくださいね。

予約制ではなく、空いていれば「使用中」の札をかけ、内鍵をかけて入るタイプです。

ボディーソープ、シャンプー、リンス完備です。

浴槽は2〜3人入ればいっぱいになるくらいの大きさです。

入浴前にお湯に触れてみるとトロトロして感じましたが、実際に入ってみるとそこまでとろみは感じません。

また、浴槽が小さく常に新しいお湯が投入されているせいか、湯温が下がらずかなり熱かったです。

時期が時期ですので、熱中症にはご注意ください。

 

ちょっとびっくりしたのがお湯の匂い。

微かに硫黄の匂いがします。

島根県の温泉の多くは無色・無臭なものなので、ちょっと意外でした。

でも、意識して嗅いでみないと解らないと思います。

 

次に男湯と女湯ですが、面白い形状をしています。

f:id:arumajirocket:20180804185411p:image

男湯と女湯は基本的につながっています。

画像の黄色い部分が木の柵になっており、壁ではなくあくまで柵なので話をしたり、姿を見たりすることができます。

他の方のレビューでも男湯と女湯が繋がっている、とありましたが、本当につながっていました(笑)

ただ、飽くまで家族がやり取りをする場ですので、不純な動機で立ち入ってはいけません。

これに関しては、スタッフの方からは特に説明を受けていなかったため、ちょっと驚きました。

マナーを守れるお客様向けのシステムだと思います。

右側のお風呂に入る際には、不用意に奥まで侵入しないことをお勧めします。

また、こういった構造が気になる方は、他の旅館をお勧めします。

(こちらは素晴らしい温泉旅館だと思いますが、この構造で楽しめない、不愉快になる方がいらっしゃったら気の毒ですので)

特に他県からお越しで、地域的な縛りがそこまでないなら、安来にある『鷺の湯荘』をお勧めします。

 

成分表を見る限り、こちらの温泉は循環のようです。

ただ、塩素に神経質な私でも塩素の匂いを全く感じなかったくらいですので、掛け流しが必須でないなら気にする必要はありません。

また、循環といっても、塩素の量、新しいお湯の投入量など、条件は均一ではありませんので、これに関して過剰に反応すべきところではないのかなと思っています。

外湯に新しいお湯の投入口がありますが、こちらから投入されるお湯は前述の通り硫黄の匂いがして好感が持てます。

家族風呂と違い、それなりに広さのある温泉ですので、湯温もおさえられています。

私が入浴した際は、長湯ができるくらいの適温でした。

外湯にお湯の投入口がありますが、こちらから注がれるお湯は、先ほどの家族風呂と同じく、硫黄の匂いが微かにします。

家族風呂のようなトロトロした感じはさほど感じませんでした。

 

近隣に源泉掛け流しの桂荘がありますが、そちらとはまた一味違う、どちらも素晴らしいお湯だと思います。

私的には、日帰りならば桂荘、宿泊ならば海潮荘だと思います。

海潮荘は建物、食事、温泉をじっくりと楽しんでもらいたいからです。

 

露天風呂は周囲を木などの自然で囲まれており、その木の年代を感じさせる苔むした様子が大変素晴らしく、雰囲気があります。

自然に囲まれていますので、落葉などもたくさんありますが、自然に囲まれた環境ゆえ、致し方がないかなと思います。

また、露天風呂は奥出雲の名勝『鬼の舌震』をもとに作られており、迫力があります。

もし可能であれば、露天風呂は日中と夜間、両方楽しんでほしいです。

日中は緑を楽しみながら、夜間は照明の趣を楽しみながら入浴していただけると思います。

 

余談になりますが、外湯のガラスに『奥出雲唯一の天然温泉』というプリントがあり、特に県外の客様などは勘違いなさっていらっしゃる方がおられるようです。

海潮温泉は雲南市大東町の温泉で、現在の奥出雲町の温泉旅館というわけではありません。

ただし、出雲風土記を紐解いてみると、奥出雲にある数少ない温泉として登場します。

そういった意味での『奥出雲唯一の天然温泉』とご理解ください。

現在の奥出雲町には天然温泉が数多くあります。

特徴的なお湯を期待される方は、船通山の麓にある、pHが高いヌルヌルするヴィラ船通山をお勧めします。

 

【旅館レビュー】

大手宿泊サイトのレビューでは「施設が古い」とのレビューが散見されましたので、身構えておりましたが、老舗旅館の中でそこまで施設の老朽化が進んでいるレベルではないと思います。

都市部にある綺麗な旅館を期待されるのであれば、そちらに行かれた方が良いと思いますが、地域に根ざし、今ある資源を大切にしていらっしゃる旅館という観点に立てば、施設の痛みもさほど酷くはありませんし、手入れもされていますので、気にするほどではありません。

ただ、ここに限らず島根は田舎です。

虫なども発生しますので、蜘蛛をはじめとした虫に過剰に反応される方は避けた方が良いでしょう。

 

お部屋ですが、たまたま庭に隣接したお部屋に泊まらせていただきました。

宿泊の前日に予約させていただいたのですが、奇跡とも言える景観に、宿泊中とにかく身悶えておりました。

f:id:arumajirocket:20180804235555j:image

こちらが部屋から楽しめる景観です。

お庭が素晴らしいですね。

部屋は広かったですし、エアコンも良く効きました。

椅子や机などの家具も快適に過ごせるものでした。

アメニティ関係は、タオルと剃刀、シャワーキャップ程度ですので、女性で化粧落としが必要な方は別途ご準備ください。

部屋ごとのお風呂はありませんので、そちらにこだわられる方はご注意ください。

 

お食事は、予約の時期にもよるかと思いますが、部屋食、テーブル席、暖炉裏のプランがあります。

料金設定、予約時期によってどれが選択可能かは変わってくると思います。

今回、暖炉裏での食事となりましたが、これがなかなかよかったのでお勧めしたいと思います。

f:id:arumajirocket:20180805000459j:image

写真があまり良くないですが、夏場の19時前の景色になります。

太陽が沈んでいく様が絶品ですね。

照明では味わえない光を楽しんでいただけると思います。

f:id:arumajirocket:20180805000440j:image

旅館サイトのレビューを散見すると、「量が多い」という記述が目立ちます。

私は比較的体格が良く、結構食べますので、「まさか」と思っていましたが、こちらの食事には完全にノックアウトされました。

味付け、量ともに申し分ありません。

写真は懐石の食事開始時のメニューです。

この他にお刺身、茶碗蒸し、鮎の塩焼き、白魚鍋、ご飯、フルーツ盛り合わせなどを頂きました。

とにかくお腹を空かせて行かれることをお勧めします。

今回、申込み時から「魚」メインのメニューでした。

私は魚がどちらかといえば苦手で、肉の方が好きなタチですが、それでも出していただいたメニューはどれも美味しく頂けました。

ドリンクメニューは標準的なものにプラスして、奥出雲町の名産品が多いように思いました。

大東町には実は飲食店は多くなく、名産品もさほど多くないため、近隣の三刀屋木次町のもの、奥出雲町のものが多いように思いました。

 

f:id:arumajirocket:20180805001315j:image

こちらは朝食で、申込み時に「30品目以上の素材をお楽しみ頂けます」とありましたが、まさにその通りでした。

この写真には全ては写り切っておらず、またお魚と野菜中心でしたが、ボリューム感には驚いた次第です。

ご飯はお粥+普通の白飯が提供されます。

前日のメニューがボリューム満点なので、朝のお粥は実はすごく嬉しいです。

また、一緒に出していただくお漬物がおかゆにすごく合うんですよね。

フルーツも、昨晩に出たものとかぶらないようにとのこだわりよう。

もう一度お邪魔しようと思うよいお宿でした。

 

チェックアプトは標準で10時ですが、朝の温泉を楽しんだり、中庭を散策したりしたらあっという間です。

今回泊まってみて、県外の方には勿論、地元の方に泊まってもらいたい旅館だなと思いました。

旅館といえば、日頃遠出した際にしか泊まらない印象ですが、地元の施設をフル活用するという観点で非常に有効かと思います。

今回は出張の帰りに利用させて頂きましたが、泊まらせていただいて本当によかったなと心から思います。