くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

ブロードバンド整備困難地域で快適インターネット

前の記事に書いた通り、光インターネットが使えない地域に引っ越してきました。

出来る限り快適にインターネットを使いたかったため、色々と調べた結果を備忘録として残しておきます。

 

1.モバイルWi-Fiルーター『レンタル』サービスを利用する

容量の制限が厳しいモバイルWi-Fiにおいて、WiMAXは比較的有利に使うことが出来ますが(制限時も数メガの帯域は確保されている)、ブロードバンド困難地域はWiMAXの対象外のこともあります。

SoftBank公式のWi-Fiサービスも、条件付き使い放題がありますが、AXGPエリア限定で、上記地域は得てしてエリア外です。

 

そこで強い味方となってくれるのがモバイルWi-Fiルーターレンタルサービスです。

「容量制限なし」と謳いつつ、ほぼ全てのサービスで何らかの制限がついている事がほとんどですが、うまい具合に選べば、月300G程度使い放題になります。

私が試したサービスは以下の2社です。

 

◎グローバルモバイル(502HW)

◎FUJI WIFI(304ZT)

 

両者とも一長一短はありますが、普通のネット使用に加えて、Chromecastなども利用した割に、制限に引っかかる事はありませんでした。

原因は解りませんが、304ZTはノイズに弱いのか、レンジなどの使用時にやたらと回線が切れました。

502HWとほぼ同じ場所にありましたが、502HWはそこまでトラブルは起こりませんでした。

また、エクステンダーを使ってNASと繋いで見たところ、502HWはノートラブルでしたが、304ZTはちょくちょく回線が切れて困りました。

おそらくですが、両者ともSoftBankの法人用回線をレンタルしていると思いますので、回線品質にさほどの差はないと思いますが、本体の品質の差かもしれません。

ちなみに、グローバルモバイルのサービスでは20M程度出ていましたが、FUJIのサービスでは最近5M止まりで、ADSLとさほど変わらない状態です。

1500円程度差がありますので、その違いかもしれません。

 

個別のキャリアと契約するのも一つの手ですが、2年縛りがあったり、速度が出るかどうかという問題も発生しますので、まずはモバイルWi-Fiを試してみてはいかがでしょうか。

 

2.ADSLを利用する

FTTHの時代にADSLか…とは思いましたが、使ってみると何とか使えるものです。

ダウンロード速度は遅いので、上記モバイルWi-Fiを使うとして、例えばChromecastやNASを使う際にはADSL回線を使ってみては如何でしょうか。

速度は遅いものの、回線は安定していますので、コマ落ちなどを起こすことは(私の環境では【基地局から3キロ程度】)ほぼありません。

 

新規でADSLを使う際には意外とトラブルが起こるかもしれません。

私の場合、SoftBankのサービスを利用しましたが、開通翌日になってもネットが使えず、問い合わせたこと十数回。

結果、NTTの工事に何らかの問題があったことがわかり、再工事をしてもらうことで使えるようになりました。

 

 

3.快適に使うために

ブロードバンド困難地域において、大切なのは回線の使い分けだと思います。

ダウンロード速度が大切なものはモバイルWi-Fiで、そうでないものはADSLでやることをお勧めします。