くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人がお役立ち情報を書いています。

SoftBank Airレビュー

 

今回はSoftBank Airのレビューをしていきたいと思います。

f:id:arumajirocket:20210223154800j:plain

 

当方のネット環境

光インターネットが利用できない地域に住んでおり、最速の固定回線はADSLです。

ADSLとレンタルWi-Fiを併用して、用途に応じて使い分けています。

 

SoftBank Air導入のきっかけ

もともとSoftBankADSLサービスを利用していましたが、サービス終了が近づいてきたことに伴い、代理店から営業電話がバンバンかかってくるようになりました。

数年以内に引っ越しの予定があったのでサービス終了まで使い続けるという選択肢もありましたが、メインで使っているレンタルWi-Fi”304ZT”の使い放題プランが各社で次々サービス終了している中で不安になり契約してしまいました。

さすがに動画視聴などを考えるとADSLのみというのは厳しいですからね。

ちなみに、時間帯にもよりますが304ZTで10M~30M程度出るネット環境です。

 

SoftBank Air契約について

ADSLユーザーでしたので、サービス終了に伴うAirへの乗り換え案内の電話がかかってきました。

電話にてサービスや契約の内容を確認した上で申し込むと、契約内容確認の電話がかかってきます。

そこから通常であれば数日で開通ですが、勧誘しすぎて発送まで手が回らないか、開通まで1ヶ月近くかかりました。

 

月賦か一括か

少なくとも私の契約ではどちらにせよ支払う金額に違いはないようです。

月賦にした場合は毎月端末代分の金額が値引きされて、実質端末代が無料になります。

一括にすると毎月端末代の36分の1の値段が値引きされます。

(端末をレンタルする手もありますので、短期間の利用なら検討しても良いかもしれません。)

 

やたらと月賦をおすすめされましたが、からくりとしては以下の通りかなと思います。

・契約は2年縛り。

・端末代金分の割引は3年かけて(月々の割引額は端末代の36分の1)。

・契約の更新月と(端末分)割引終了月は一致しない。

・2年後の更新月に解約しても、端末代の3分の1(1年分の割引)は貰えない。

 

f:id:arumajirocket:20210223172413p:plain

実際の所月賦でも一括でも最終的に出て行く金額に違いはありませんが、どうしても月賦=借金と考えてしまう自分は一括にしました。

ここは契約者の考え方次第かと思います。

 

実際使ってみてどう?

3ヶ月使ってみて色々気づいたことを書いておきます。 

 

設置場所についての注意事項

契約した場所以外で使うと契約違反となり回線を停止される可能性があります。

よって、Pocket WiFiの代わりにはなりません。

(出先で使いたいのであればFUJI WIFIやモナWi-FiなどのレンタルWi-Fiの利用をお勧めします。)

 届いたら室内の色々な場所に置いてみて、速度を比較してみましょう。

窓際が推奨されていますが、どの部屋に置くか、どの方角に置くか、どの高さに置くかなど、条件によって速度がかなり違います。

 

速度制限の有無

契約時に確認しましたが、「使いすぎたからといって速度制限されることはない」との回答をいただきました。

ただし、約款上混雑時にSoftbank側が帯域調整できるようになっていますので、こちらがどのように運用されているか気になるところ。

Airに限った話ではありませんが、ベストエフォート型のため、告知されている最大通信速度はまず出ないと考えた方がよいでしょう。

同時に回線を使用する人数が多くなればなるほど、彼らの使用するデータ量が多くなればなるほど、通信速度は遅くなります。

後述しますが、私の環境での通信速度は理論上の最速値の約1/10程度でしょうか。

 

その他通信に関して知っておくべきこと

FAQ等を見ると、自宅外からSoftBank Airネットワーク内の機器にアクセスすることはできないようです。

例えば、家庭内に設置したNASなどに外部からアクセスできなくなる…といったことが想定されるでしょうか。

我が家ではこれに関して困ったことは起こっていません。

 

通信速度について

 

f:id:arumajirocket:20210223161118p:plain

一番下の結果が若干気になるところですね。

Airが到着した週の夜間の速度を計測してみた結果です。

これ以外にも何度か夜間速度を測ってみましたが、総じて年末の夜間は速度が遅かったように思います。

 

いずれにせよ、以降たまに測ってみても著しい速度低下は見られません。

 

都会地にお住まいの方には「遅い」と思われるかもしれませんが、レンタルWi-Fiで10M~30Mのエリアですので、決して悪い値ではないように思います。

 

どこで使っても光の代わりにはならないんだろうな……と思いつつ、一定のユーザのニーズにはあっているのかな、とも思います。

工事をしたくない、ベンチマーク的な速度は求めないなど、そういった方にとって月額利用料との折り合いがつけば選択肢としては良いのではないでしょうか。

少なくとも、今のところは長らく使ってきたADSLよりははるかに快適に使えています(笑)

NASの静音化を考える(2)

NASの騒音対策について、前回の続きの記事になります。

 

2.機器を新調する

(1)騒音がどこから出るかを考えて機器を選ぶ

NASに関しては「HDDケース」として販売されているものと、あらかじめHDDが組み込まれた状態で販売されているものがあります。

オススメは「HDDケース」を購入すること。

騒音は「NAS本体」に起因する場合と、「HDD」に起因する場合があります。

出来れば双方とも自分の考えるベストのものが使えると良いですね。

 

(2)NAS本体を選ぶ

NAS本体に関しては、ファンの音やその他動作音(コイル無きなどを含む)が気になると思いますので、レビューを参考に予算に合った機器を選ぶと良いと思います。

最近ではストレージとしてSSDを使うことが出来るモデルもありますので、検討してみる価値はあるかと思います。

SSDであれば可動部がないので静音性という面ではメリットが大きいと思います。

やや心配なのは価格の高さと耐久性、そして容量でしょうか。

国内メーカーも良いですが、私のお勧めは台湾NAS御三家の”QNAP””SYNOLOGY””ASUSTOR”です。

QNAP (キューナップ) TS-230 ツールレス 設計 スリムデザイン 採用 の 2ベイ HOME 向け NAS

写真はQNAPのTS-230というモデルで、実際に試したモデルではありませんが、ポップで可愛いですね!

 

(3)HDDを選ぶ

オーソドックスなストレージといえばやはりHDD。

原則24時間稼働しますので、NAS用のものを選ぶと良いと思います。

選択肢はあまり多くはなく、東芝Western DigitalHGST(現在はWDの傘下)、Seagateくらいでしょうか。

 

HGSTのHDDについては個人的に信用はしていますが、他社製に比べて動作音が大きい気がします。

東芝SeagateNAS用HDDについては使ったことがないので割愛します。

ということで、我が家ではWestern Digital社のREDというモデルを使うことが多いです。

購入時期によって動作音はまちまちですが、一定の信頼感はあると思います。

 

Western Digital HDD 8TB WD Red NAS RAID 3.5インチ 内蔵HDD WD80EFAX 【国内正規代理店品】

 

一つ気をつけたいのはHDDの保証。

国内代理店などが交換サービスを行ってくれると良いのですが、自分で色々しなければならない場合もあります。

WDのREDが一度壊れたことがあり、交換申請をしたことがあります。

EMS(国際スピード便)で海外の拠点に故障品を送らなければならず、慣れないため色々と不安でした。

交換品はリファービッシュ品(修理再生品)になるので、品質チェックは受けたモノだと思いますが、メインのNASに使うのはちょっと不安でした。

 

ケースとHDDの組み合わせによって費用は変わりますが、少なくともパソコン一台が買えるだけの価格にはなると思います。

 

あまりお金をかけたくないなら、前回の記事の内容をオススメします。

一式買い換えても騒音ゼロにはなりませんからね。

NASの静音化を考える(1)

 

NAS」「静音化」というキーワードでいらっしゃることが多いので、再びこの話題を取り上げてみたいと思います。

前回の投稿内容とかぶる部分もありますが、何らかの参考になれば嬉しいです。

 

1.今ある機器をそのまま使う

手軽に出来る安上がりな方法です。

ただ、動作音自体が変わらない以上、設置する環境を変えるほか打つ手はありません。

f:id:arumajirocket:20210221191105j:plain

(1)押し入れやクローゼットの中に入れてしまう

一定の効果はありますが、デメリットもあります。

空気の入れ替わりが少ない&湿度の高い環境ですので、カビ対策として換気などには気をつけないといけないと思います。

準備するモノとしては長めのLANケーブルでしょうか。

 

(2)別の部屋に設置する

寝室やリビングでNASの音が気になるなら、近接する他の部屋に設置するという手のあります。

我が家の場合、寝室にネットワーク機器があり、隣のキッチンにNASを置いています。

ドアではなく襖で部屋が仕切られているので、平べったいLANケーブルで有線接続しています。

 

(3)吸音シートや劇落ちくんを使う

本体に吸音シートを貼ることで、一定の効果が見られる場合があります。

注意事項としては吸気口を塞がないこと、設置前と設置後で内部温度に変化がないかをしっかりと確認することが挙げられるでしょうか。

NAS管理画面で内部温度が確認できる機種もありますので、是非とも活用してみてください。

また、色々なサイト様でも紹介されていますが、NASの下に劇落ち君を敷くという手もあります。

本体の振動を吸収してくれるので、やや動作音を抑えることが出来ます。

ただ、気になる動作音の種類にも色々ありますので、これを敷いたら全てが解決…とは思わない方が良いでしょう。

 

(4)中継器等を使う

安定性という面ではオススメしませんが、どうしても離れた部屋に設置したいという事であれば、中継器などを使うという手もあります。

我が家で使ったことがあるのは以下の2機器です。

1)中継器:TP-LINK RE650

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 1733 + 800Mbps ビームフォーミング MU-MIMO APモード 3年保証 RE650

2)メッシュWi-Fi:ORBI

NETGEAR メッシュWiFi無線LANルーター2台セット 11ac 速度AC3000 トライバンド Orbi 推奨60台/350㎡ RBK50

 

ネットが届きにくい場所があるため、中継器やメッシュWi-Fiを導入しています。

有線LANが挿せるモデルであれば、遠くの部屋にNASを設置する事も可能です。

個人的な感想として、安定度は『メッシュWi-Fi>中継器』かなと思います。

ただ、設置場所や環境によって安定しない場合がありますので、こちらも万能選手というわけではありませんね。

安定性を考えると、このような末端のネット機器に繋ぐというのは正攻法ではないと思います。

 

次回の記事では「機器の新調」を前提とした対策をご紹介します。 

コンピュータウイルスに御注意!

Emotet(エモテット)と呼ばれるコンピュータウイルスが猛威を振るっているようです。

メール本文に記載されたURL、あるいは添付されたファイルを通じて感染し、感染したパソコンを踏み台にして更に感染拡大を狙う悪質なウイルスです。

一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンターがウイルス確認の有無をチェックするツールを配布していらっしゃいますので、試してみてくださいね。

github.com

マスクで眼鏡が曇りにくくする方法

今のご時世マスクは必須ですが、眼鏡が曇るのは困りものです。

眼鏡の曇り止めグッズ(薬液)などは色々試しましたが、一長一短でイマイチでした。

今回は布マスクを使いつつ、眼鏡の曇りを回避する方法をご紹介します。

 

用意するもの

▶︎布マスク

ドーム型で口周りにスペースのあるマスクを使ってください。

ある程度しっかりした生地の方が良いと思います。

ウレタンなど強度のないものには向かないと思います。

f:id:arumajirocket:20210217191307j:plain

f:id:arumajirocket:20210217191344j:plain
▶︎適度な大きさの布

コロナが流行り始めた頃に買った「マスクインナー」を使っていますが、布なら何でも良いと思います。

厚みを出すために2枚使います。

f:id:arumajirocket:20210217191400j:plain

 

▶︎両面テープ

今回はNITTOの安いテープを使っています。

においなど気になる場合は自分に合ったモノを用意してください。

 

それでは始めましょう。

【ステップ1】2枚のマスクインナーを両面テープでくっつけます。

布の上下に両面テープを貼り、もう一枚の布を重ねてください。

f:id:arumajirocket:20210217191454j:plain

 

【ステップ2】2枚重ねにした布の上部に両面テープを貼り、二つ折りにしてください。更に、折ったものの上下に両面テープを貼ります。

f:id:arumajirocket:20210217191630j:plain

【ステップ3】マスクの内側に貼り付けます。不織布マスクで言うところの「ノーズフィッター」に当たる部分です。

f:id:arumajirocket:20210217191725j:plain

 

全く曇らなくはなりませんが、不織布マスク以上に曇りにくくはなると思います。

是非試してみてくださいね。

ワイヤレス&インナーイヤー型のおすすめイヤホン

約1年前に”Aftershokz aeropex”という骨伝導イヤホンを紹介しました。

arumajirocket.hateblo.jp

 

日常使いにピッタリなワイヤレスヘッドフォンで、今でもお気に入りの逸品です。

ただ、一つだけ誤算が。

特殊な形状故、装着したまま寝転がることが出来ません。

そこで、なかなか寝付けないときに使える『寝フォン』を探していました。

 

Amazonで探すと安いのが色々出てきますが、品質がいまいち…

arumajirocket.hateblo.jp

 

色々探してみて、音質と価格のバランスが比較的とれていそうなモデルを発見しました。

HUAWEI ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン FREEBUDS 3/カーボンブラック【日本正規代理店品】

HUAWEI社のFreebuds3です。

現在Amazonで実売価格10000円を切る程度で手に入ります。

決して安いとは言えませんが、そこそこの音質を求めれば数万円することはザラですので、自分の用途を考えれば出せるギリギリのラインかなと思い購入しました。

(とはいえ、長年貯めてきたスマホのポイントを使ったので、実際に払ったお金は数千円です。)

以下、数週間使ってみたレビューをしてみたいと思います。

 

【1】デザイン・質感

価格を考えると悪くないと思います。

黒いと指紋が目立つのは仕方が無いですね。

丸いケースの真ん中に見える四角い窓は液晶かと思っていましたが、単なるHUAWEIロゴでした(笑)

 

【2】使い勝手

HUAWEIのMediapad M5 proとペアリングして使っています。

ケースを開けるだけで繋がるのはとっても便利。

(この機能は最新のHUAWEIスマホでしか使えないかと思っていましたが、以外とM5 proでも使えました。他社製タブレットスマホで同じ挙動をするかは不明です。)

耳にはめると音がするので、センサーで着脱を検知しているようです。

ケース内にもバッテリーが入っており、残量さえあればケースにしまうだけで充電できるのも便利です。

 

【3】音質

音質に関しては個人の感じ方に差があるので、あくまで個人の感想として読んでやってください。

音の傾向としては、低音から高音まで比較的フラットな印象を受けました。

低音の存在感はある物の、ドンドン鳴って主張してくることはありませんので、個人的にはちょうど良いかなと思います。

現在2週間程度使ってみて、多少のエージングも進んではいると思いますが、音質的には『可も無く不可も無く』なのかな…と思います。

少なくとも、個人的に『音楽を聴いていて楽しいと感じる』音ではありません。

とはいえ、決して悪い音というわけではないので、及第点はクリアしているのでは無いかと思います。

裏を返せば、この価格帯で凄い高音質だったら、所謂高価格帯のイヤホンの存在意義が揺らいでしまいますね(^^;

 

【4】装着感

サイズ自体は少し小さめでしょうか。(当方30代男性、中肉中背です/笑)

使い始めた頃は動くと耳から落ちてしまうこともありましたが、少しなれていいポジションを見つけると外れにくくはなります。

ただ、運動をしながら使うには不向きで、だったらこの記事の最初に紹介したAftershokzの方が圧倒的に優れていると思います。

シリコン製のイヤーチップなんかがあると良いのですが、なかなかないものですね。

(全くないわけではありませんが、レビューが微妙です)

 

【5】総評

今回『寝フォン』用途で購入したわけですが、上記の通り少し小さめなので耳から落ちてしまいそうになる事があります。

耳を覆うタイプのアイマスクを併用すればしっかり固定されて良いと思います。

所謂通常の用途で、10000円前後でインナーイヤー型のイヤホンが欲しい、という方には検討に値するモデルかと思います。

ただ、繰り返しになりますが、耳が大きめの方は高確率ですっぽ抜けると思います。

そういった点が引っかかるのであれば、上記のAftershokzも検討してみてください。

腰痛&肩こり撃退グッズ!

一人暮らしをしていた大学生の頃です。

お昼のワイドショーで『船越英一郎さんが椎間板ヘルニアで入院された』というニュースを見た直後に腰痛で動けなくなり、不安に駆られて119に電話をしたことがあります。

 

とても心細くて、「腰が痛くて動けないのですが、病院に行くのは明日の朝まで待っても良いでしょうか」と問い合わせたところ、救急車に来て頂くことになってしまいました。

絶対大丈夫、という保証が出来ない以上、119としても「明日まで待って病院に行ってください」とは言えなかったと思います。

大変申し訳ないことをしましたm(_ _)m

 

結局這いながら何とか玄関の鍵を開け、緊急搬送されたのですが、当直医の方の見立てでは「骨の形成が甘いですね」とのことでした。

後に色々な整形外科を渡り歩くことになりますが、そのどちらでも「骨の形成についてはどういうことかわからない」と言われる診断でした(;´∀`)

現在でも腰痛で動けなくなることがたまにありますが、そんな中で救世主と呼んでも良いモノに出会えたので、ご紹介したいと思います。

f:id:arumajirocket:20210208191351j:plain

真ん中のVロートアクティブは大きさ比較のためのものです。

Panasonicの「コリコラン」という高周波治療器なのですが、これを使い始めてから深刻な腰痛&肩こりに見舞われることがなくなりました。

 

仕様上鎮痛効果がある製品ではありませんが、ある程度痛みが緩和されていると感じています。

低周波治療器の場合は、筋肉が収縮と弛緩を繰り返しますが、コリコランではつけている感覚が全くありません。

それ故に、正直なところ目に見える劇的な効果は感じづらいです。

 

ただ、私の場合昨年の6月と10月に腰が痛くて動けなくなり、仕事をお休みしたこともありましたが、それ以降深刻な症状に見舞われることがなくなりました。

コリコランを使い始めて3ヶ月近くしか経っていいないので何とも言えませんが、現状使い始めてから深刻な症状は発生しておらず、腰や肩に負担のかかる動作をした後でも深刻な症状は現れていません。

 

プラセボ効果もあるかもしれませんが、個人の感想ではある程度の効果はあると考えています。

本製品のデメリットとしては、肌に貼り付けるために両面テープが必要とのことです。

普通の両面テープだと皮膚の荒れなどが発生する可能性があるため、医療用の両面テープが推奨されます。

純正品はなかなかの高さですので、私は3M社の皮膚用両面テープ(カツラ用両面テープ)を流用しています。

純正ではないので個人の責任でお使い頂きたいですが、ある程度純正とかわらず使えており、コストも抑えられております。

デメリットとして、剥がしたときに色々な所に粘着成分が残りますが、ガムテープでぺたぺたしていれば粘着成分もとれることを発見しました。

長年腰痛や肩こりで悩まされている方は試してみても良いかと思います。