くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

Orbiトライバンド ホームWiFiシステム

部屋によってネットの入りが良かったり悪かったりしたため、思い切ってメッシュWi-Fiを使ってみることにしました。

いろいろな機種はありますが、今回は発売後一定の時間が経っており、レビュー数もそこそこあるNETGEAR社のOrbiを試してみました。

 

 

NETGEAR Orbiトライバンド・ホームWiFiシステム スターターキット(Orbiルーター + Orbiサテライトバンドル)802.11ac RBK50-100JPS

 

ここから先は3部構成でレビューしていきたいと思います。

第一部は総評で、第二部はトラブルシューティングです。

三部は雑談的な内容で、高速インターネットが使えない地域のお住いの方に、光インターネットの代替となるサービスを提案する内容となります。

Orbiのレビューが見たい方は第一部を、Orbiの設定がうまくいかない方は第二部を、ブロードバンドが使えなくて困っていらっしゃる方は第三部をご覧ください。

 

第一部:総評

Orbiを導入することによって、家中隅々までチェックをした訳ではありませんが、どの部屋でもほぼほぼ安定してWi-Fiが使えるようになりました。

AndroidタブレットWifi Analyzerを起動させて家中を歩き回ってみた結果、親機か子機の一方かあるいは両方のWi-Fiが、どの部屋でも必要十分な電波強度であることが解りました。

メッシュWi-Fiのいいところは、親機のカバーエリアから子機のカバーエリアに入ると

き、あるいはその逆でも、ネットが途切れることがないという点です。

SSIDもパスワードも一つだけで、Orbiで設定されているものを使うことになります。

(他のルーター同様、本体にSSIDとパスワードの書かれたシールがついていますので、それを使ってネットに繋ぐことになります。他のルーターの下にOrbiをつける場合でも、原則OrbiのSSIDとパスワードを使用します。我が家の場合、少々特殊なネット環境にあるため、Orbi独自のSSIDとパスワードを使うことができることが重要であり、購入前に若干不安だった点でした。)

また、Wifi Analyzerを使うと、最大4つのOrbiネットワークが検出されて、最初は不思議に思っていましたが、親機と子機それぞれが2.4Ghz帯と5Ghz帯を持っているので、4つのネットワークが検出されても不思議はありませんね。

NETGEAR純正ツールを使って調べたところ、無線は基本5Ghz帯に繋がっているようでした。

5Ghz帯は障害物に弱いので、親機と子機のない部屋では若干不利な気もしますが…22.4Ghzで繋いでいるという表示が出たことがないのですが、状況によって切り替わるものでしょうか??

現在の所、基本的には安定して使えていますが、まだ購入後1週間も経過していませんので、安定性についてはもう少し検証が必要かと思います。

後日再度安定性に関するレビューを出したいと思います。

 ちなみに、製品の寸法をみてもらうと解りますが、結構大きいので、その点はご覚悟を。

小さいサイズが良ければ、TP-LinkのDeco M5やGoogle Wifiなども良いかもしれません。

 

最後にまとめです。

[この製品が向いている人]

Wi-Fiを使いたい部屋が複数あり、部屋(あるいは場所)によって電波が届きにくいところがある。

・部屋によってSSIDが変わるのは面倒で嫌。(エクステンダーの使用に向いていない人)

・ある程度の出費は致し方ないと考えられる人。

 

[この製品が向いていない人]

ワンルームにお住まいの方。(そもそもメッシュルーターを使う必要はありません)

・できる限り出費を抑えたい方。(他社製品にもっと安いものはあります。サポートなど、トータルに考えれば、この製品もありかとは思いますが。)

 

第二部:トラブルシューティング

初期設定をする際に以下のようなトラブルが起こりました。

・同期がなかなか終わらない

・同期中LEDライトの色がどんどん変わって安定しない

・一度電源を切ったら同期が成功しなくなった

・本体のリセットを試したところ、再設定がうまくいかない。

 

この問題を解決するには、まずは原因の切り分けが必要です。

原因1:設置場所の問題

『親機と子機の間は何メートルまでOK』といったような基準はありません。

親機と子機の間の障害のレベルによって(壁や電波に干渉する機器の有無など)設置可能場所は限られてきます。

設定がうまくいかないのが設置場所の問題なのか、それとも本体に問題があるかを切り分けるため、親機と子機を同じ部屋に置いて設定してみることをお勧めします。

 

原因2:設定の問題

工場出荷時にはルーターモードで設定されています。

ルーターの下につなげるような場合、本体の管理画面からAPモードに変更する必要があります。(取りあえず初期設定を進め、ブラウザから管理画面に入り、高度な設定からモードを変える)

上記のようにルーターの下にぶら下げるのに、ルーターモードにしてしまうと、回線が不安定になります。

我が家の場合もこれでした。

[モバイルWi-Fi]→無線→[Atermルーターの中継機能]→有線→[Orbi]

という特殊な設定故に発生した問題です。

通常の環境であれば、終端装置からOrbiに直差しでOKです。

 

原因3:電波干渉

複数のルーターなどを設置しており、電波干渉が起こっているなら、不必要なものを取り除きましょう。

我が家の場合、特殊な環境故、3つの回線を使用しており、それぞれを無線化しているため、電波干渉がかなり起きやすい状況です。

ただ、このような状況は普通であれば発生しません。(何せ、FTTHが実現されていない数少ない場所に住んでいるため、あれやこれややってなんとか快適な環境を構成しています)

 

原因4:接続機器が多すぎる

環境によりけりですが、装置によって接続できる台数には限りがあります。

我が家の回線の大本はPocket Wifiで、最大接続台数が14台ですが、10台を超えたあたりから接続しようとしてもはじかれたりします。

これをAtermを使って有線化したり、TP-Linkのエクステンダーを使って拡張したりしているのですが、実感としてはそれによって接続可能台数が増えるということはなさそうです。

 

原因5:手動で初期化している

設定がうまくいかず、本体リセットで初期化をした場合、初回セットアップで設定したIDとパスワードを入力しても設定が進まない場合があります。

その場合はブラウザ上でNETGEARへのログインを一旦スキップして、他の設定を進めることによって問題を解消できる場合があります。

 

第三部:ネット環境が整っていない方向け雑談

未だにADSLが現役の地域があります。

私が住んでいる場所なんですが(笑)

今まで光ファイバーを使っていたため、引っ越しを機に最速のインターネットがADSLになった時のショックはそれはそれは大きなものでした。

特に我が家にはネットワークに接続することで真価を発揮する機器が大量にあるため、引越し先でブロードバンドが使えなくなったことがわかった瞬間に絶望しました。

現在住んでいるアパートにはケーブルテレビの機材が入っていないため、ケーブルも使うことができません。(とはいえ、ベストエフォートで50Mということで、実測では恐らく数メガしかでないでしょうから、あまり変わりないかもしれませんが)

エリア的にWiMAXも使うことができず、ようやく開通したADSLも不安定な状態(端末からカチカチ音がしてしょっちゅう切れる)で文字通りお手上げ状態でした(^^;

ADSLに関して言えば、不安定になった場合の対応は大別して2つです。

一つはプロバイダーに依頼して回線を調整してもらうというもの。

もう一つは、NTTや電器屋さんに依頼して自宅の設備に異常がないか確認してもらう、というものです。

我が家の場合、異常が起こるたびにプロバイダの調整をしてもらい、1年も経った頃から特にノートラブルで使えるようになりました。

 

こんな感じで悪戦苦闘している時に発見したのが『Wi-Fiレンタル』です。

1日単位で借りる事ができますが、大抵は1ヶ月単位で借りた方が安いです。

こいつの利点は、個人契約のネットと違って年単位の縛りや違約金がありません。

安いもので月額3000円台から、通常では4000円台で使うことができます。

これらの謳い文句の一つとして「無制限・使い放題」というのがある場合が大半ですが、まずもって「無制限な機種など存在しない」と思っておいて下さい。

約款をよく見ると、必ず抜け道はあります。

たとえば、ネットワーク提供会社の判断により制限をさせていただく場合があります、など。

機種にもよりますが、程度の良い契約で100ギガ~200ギガ程度の使用で制限がかかります。

詐欺じゃないかと怒る方もいらっしゃるかもしれませんし、それはそれで理にかなっていると思います。

ですが、いざスマホのプラン等を見ると、1ヶ月に数ギガしか使えないのに数千円とられることなんてザラです。

また、我が家のようにブロードバンドが使えない環境では救世主のような存在です。

色々とグレーゾーンなこともありますので、詳しくは割愛しますが、現在オススメの機種が304ZTです。

使いすぎると規制される可能性はありますが、一応無制限を謳っていて、最大14台まで接続可能です。(約款によってはもう少し少ない台数のものもあります)

 

我が家の場合、複数の部屋があるため304ZTの電波1つでは心もとなく、別の機器を使って有線化&再無線化をしています。

具体的には、NEC/Atermの中継機能を使って有線化して、それをLANケーブルでOrbiに繫いで再無線化しています。

Orbiに繋ぐ事によってSSIDが変わりますので、基本304ZTはAtermのみと繋がっている状態です。

二重ルータ状態を回避するためにOrbiはAPモードで設定しています。

Aterm単品での無線化は十分できますが、私のスキルでは中継機能を使って2.4Ghz帯のSSIDを304ZTのSSIDから変えることができず、結果として304ZTとAtermのどちらに繋がっているかわからない状態となっため上記のような設定にしました。

 

5Ghz帯はAterm独自のSSIDとパスワードで設定できるのですが、2.4Ghz帯はどうもうまくいきませんでした。

 

ということで、ほぼほぼ無線関係はOrbiで処理させていますが、それでも304ZTの14台の縛りは生きていると思いますので、ネットワーク対応機器が多い我が家ではこれ1台では不便です。(この設定で14台以上接続できない証拠にはなりませんが、やはり10台以上の機器を接続したあたりから、回線が不安定になったり、新規の接続が弾かれたりします)

家族のものも含めてパソコンが数台あり、LAN接続でプリンターに接続しているため、パソコンとプリンターは全て同一のネットワーク上にいなければなりません。

また、NAS(ネットワーク対応HDD)も使っており、NAS上のデータをパソコンやタブレットで使うため、パソコン・タブレットNASも同一ネットワーク上に置いておかなければなりません。

更にPS4に繋いだNASNEで録画をしており、タブレットなどでの視聴もしていますので、PS4・NASNEタブレットも同一ネットワーク上にある必要があります。

Chromecastやネットワーク対応TVでタブレットの動画を再生したりもしますので、Chromecast・TV・タブレットも同一ネットワークにおかなければなりません。

気づいていないだけで、実は家にある多くの機器がネットワークに対応しており、それを使うことで利便性がます場合が結構あります。

接続限界の14台なんてあっという間です。

そう考えると、自宅のネットワーク機器をフル活用しようという考え方のもとでは、1台のポケットWiFiでは足りない場合があります。

従って、我が家ではレンタル元を変えて2台のポケットWiFiを運用しています。

(モノによって回線を提供しているプロバイダいーの判断に優先して、貸し出しているレンタル業者の判断で速度制限を実施する場合もあるため、レンタル元は変えています)

 

普通に考えて「無駄なことをしているな」と言われそうですし、そう言われても反論のしよはありませんが、持っていると案外使えるものです。

例えば、出張や宿直で家を開けることが結構ありますが、その時に出先でも快適にインターネットを使うことができます。

また、この設定では「自宅固定のポケットWiFi」と「持ち運び用のポケットWiFi」という役割で使い分けており、スマホのネット容量が限界に近づいた時にはポケットWiFiで何とかなります。

 

ということで、我が家はポケットWiFi2台とADSLという3ラインでネットワークを運用しております。

月のネット代はおおよそ1万円程度で、決して安くはありませんが、光インターネットが使えない地域に住んでいることを考えれば、十分に元はとっていると思います。

逆に言えば、光インターネットが使える環境でこの様な契約をするのは無駄以外の何者でもありません。

ポケットWiFiには容量制限と接続台数制限がありますので、それぞれの制限を逸脱しない程度で高速インターネットを使いたい時に活用し、ADSLはそれらの回線に障害が発生した場合のフェイルセーフ、あるいはダウンロードに時間がかかっても良い大容量データのダウンロードに使い、ポケットWiFiの容量制限対策にするという意図があります。

 

今回紹介した環境は、普通のインターネット環境を有していらっしゃる方にとっては理解しがたいものだと思います。

ですが、自分がブロードバンド難民になった瞬間、どうしようかあれやこれや考えてひねり出した一つの解決策がコレです。

FTTHが進んでいる現代日本において、光ファイバーを使うことのできない、局地的にWiMAXなども利用できない地域はまだまだ存在します。

そういった地域で生活していらっしゃる方が諦めた生活をせずに済むよう、この記事がお役に立てば幸いです。

HUAWEI端末で初期化に失敗する場合の対処法

HUAWEI MediaPad M3 lite wpを使い始めて4か月が経ちました。

昨日いつも通りに使っていたらWi-Fiにつながらなくなり、再起動しても解決ならず。

しまいにはSSIDまで表示されなくなり、SSIDとパスワードの組み合わせでネットにつなごうとしても画面が反応しなくなるという不具合に見舞われました。

 

HUAWEIのサポートにメールでサポートを求めるも、一日ではさすがに返事は来ず、どうしたものかとネットサーフィンをしていたら、強制初期化という操作ができることを発見しました。

 

操作は単純で、電源投入時に【電源ボタン】と【音量UPボタン】を同時に押し、端末名やメーカーロゴが表示された瞬間に【電源ボタン】のみから手を離すというもの。

そのまま【音量UP】ボタンを押し続ければ、EMUIのメニューが表示されます。

端末やEMUIのバージョンによって表記は異なるものの、factory resetというメニューを選択すると(今回はwipe data/factory resetというボタンを2度押しました)、強制初期化が行われます。

 

結果として、今回は初期化に失敗することなく工場出荷時に戻すことができました。

現在再設定中です。

ただし、リスクは伴うと思いますので、実行は自己責任にてお願いします。

 

 

 

auメールアプリが使いにくい

直感的な操作がしづらいのと、見たいメールを見るためのタップ数が多すぎるという、ユーザビリティを無視しまくったアプリ設計のため、キャリアメールの使用頻度が低い私でもギブアップしそうな状況です。

 

現在使用している端末はLG電子のLGV35。

iphoneなら抜け道はありそうですが、android端末ではキャリアメールアプリの変更はできません。

Cメールアプリを使うという手もありますが、SMSという性質上、完全な代替アプリにはなり得ません。

 

そこで考えたのが、フリーのメールアドレスを取得して日常使いにするという手です。

もともとGメールアカウントは持っていますが、色々なメールがくるので、こいつをキャリアメールの代わりに設定すると、常にバイブが鳴っている状態になります。

ですので、新規取得して設定することにしてみました。

まずはOUTLOOKメールのアカウントを取得。

私の設定が悪いんだと思いますが、純正アプリを使っても、サードパーティのメールアプリを使っても、リアルタイムのメール受信・通知がいまいちうまくいきません。

 

LINEのSwingbotを使うとフリーメールの送受信ができるというので、取りあえずは試してみました。

ですが、なかなか設定がうまくいかず、最終的にはなんとか設定できたものの、すこぶる使いづらい上に、恐らく機能のアンインストールもできない未完成っぷりなので、Swingbotを拒否設定して、取りあえず機能が動かないようにしました。

色々調べてみましたが、私の力では一度Swingbotに登録したアカウントを削除する事もできなければ、こいつをつかってメールを送受信するのもめちゃくちゃ面倒です。

 

また、各種メールアプリをインストールしてみて気づきましたが、対応しているはずのフリーメールアカウントが設定できない場合が多々ありました。

設定画面でサービス名を選ぶと、404ERRORになったりします。

 

最後にたどり着いたのが、新規取得したGメール+Blue mailの組み合わせです。

こちらはなかなか相性が良く、使い勝手も良いのですが、通知がうまくいったりいかなかったりするので、現在原因を究明中です。

また、こちらにGメールを登録すると、android上で勝手にOSと紐付けされるらしく、純正Gメールアプリにも勝手に登録されてしまいました。

メール単体の環境設定ではらちがあかないので、androidのアカウント設定からGメールなどとの同期を中止するよう設定しています。

 また、sakuraインターネットのライトサーバを借りていたらメールアドレスが作れるので、こちらのメールアドレスを設定してみました。

今のところ、こちらは順調に機能しているようです。

 

Cメールの方はdocomoSoftBankau共同開発の新しいアプリができるようですが、それ以前に根本的にキャリアメールをなんとかして欲しい今日この頃です。

【鳥取皆生温泉】ゆるり

仕事で半休をとれたため、皆生温泉『ゆるり』様の平日半額プランを利用して宿泊させていただきました。

これは最上階の特別貴賓室か温泉付き個室が半額で宿泊できるというもので、一人当たり1万8千円程度で宿泊できます。

レビューなどを拝見すると、『半額料金で妥当』などといった書き込みを見ましたが、通常山陰の旅館でこのクラスのところに泊まると、最低1人3万~4万はしますので、価格設定としてはかなりお得なのではと思います。

(そこそこの旅館だと、一人2万円以上はザラです。)

和室(テレビ無し)、洋室(ソファー&テレビ)、寝室(ツイン)、お風呂(温泉ではない)、洗面所ですので、この設定で2万円を下回るところがあれば見せていただきたいほどです。

 

温泉ブログですので、まずは温泉のレビューから。

皆生温泉だけあってしょっぱいお湯ですね。

実際にはもちろん飲んではいませんが、温泉で顔を洗うと唇で塩気を感じます。

ただ、すごく塩気が強いわけではありません。

個人的には、島根県出雲市の『ニューウェルシティ出雲』内えんや温泉の方が塩気は強いです。

朝夕での入れ替わりは無いようですので男湯しか見ていませんが、内湯1つ、外湯1つ、サウナ無しの温泉です。

内湯ではお湯の投入口が2カ所あります。

メインは幅広の投入口で、ドバドバお湯が出てきます。

恐らくは適温に調整された循環湯が投入されているのではないかと推察します。

もう一つはオレンジ色のタグのついた水道で、こちらからはかなり熱いお湯が少量投入されます。

こちらの源泉温度が85度であることを考えると、恐らくは源泉が投入されているのではないかと推察します。

蛇口の周りにはびっしりと塩が付着しています。

ただし、これらは宿の方に確認をとったことではありませんので、あくまで私の推察です。

 

外湯の投入口は一カ所で、多少塩素臭もしましたので、こちらは循環オンリーの可能性が高いかと思われます。

 

お料理ですが、朝晩ともに満足できるものです。

プランによって違うと思いますが、夕食は20品近く出てきました。

色々なものを少しずついただく、といった趣向のようです。

たとえば、会席メニューの『強 肴』では、大抵1品のお料理が出てくるのが大半だと思いますが、こちらでは3つの器が出てきて、それぞれに『そばがき和風カニクリーム』『地野菜蟹あんかけ』『蟹爪磯揚』が入っています。

『焼物』では『白烏賊X.O醤仕立』と『鳥取和牛「オレイン55」』が出てくる、といった具合です。

お酒を飲みながらいただいたら腹十二分目(もうこれ以上無理、って状態を言うらしいです)のボリュームだと思いますが、そうでなければ腹十分目(満腹状態のことを言うらしいです)かその一歩手前程度のボリュームかと思います。

朝食も17品くらいあったかなと思います。

ご飯のおともが数種類あって、あとはサラダやお野菜の煮つけ、お魚など、バラエティー豊かなメニューでした。

朝食はどこも同じようなものだろうと思っていましたが、他所とは一線を画した量・質ともに高いものではないかと思います。

 

お部屋ですが、今回は『じゃらん限定【特別室セール】最大50%OFF!特別貴賓室・露天風呂付きを優雅に~特選会席(★)/部屋食』を利用させていただきました。

説明ページをよく読めば書いてありますが、『特別貴賓室and露天風呂付』ではなく『特別貴賓室or露天風呂付個室』ですので、ご注意ください。

今回は最上階の特別貴賓室を利用させていただきました。

じゃらんがちょうどシークレットクーポンを配布していたということと、リクルートカードに加入して5000ポイントもらい、さらに保有ポイントを使ったため、一人14,000円程度といスイートルームとしては格安で泊まることが出来ました。

入ってみてびっくりしたのが広さです。

現在借りているアパートよりも広いです(笑)

和室が一部屋、ソファ・テレビ付きの洋室が一部屋、テレビ付きのツインの寝室が一部屋と、比較的広いエントランス、トイレ、バス、洗面所があります。

 2人から5人程度の部屋ですので、夫婦で泊まるには勿体ないくらい広いお部屋でした。

案内していただいた方にも言われましたが、部屋と部屋の間に結構段差がありますので、転倒にはくれぐれも注意してください。

 

館内を歩き回ってみた感想としては、建物の外装以上に内装は古くなっているような印象を受けました。

温泉に行く長い通路があるのですが、その絨毯が変色していたり、お客様が通る廊下の横に、壁で遮られた従業員用の通路(恐らくお料理などを一時的に置いておくスペース?)が見えたりなど、造りが若干古いような感じはします。

また、建物自体が大変広いですので、若干掃除が追いついていないところも目につきました。

が、それらのマイナス点を差っ引いても、またお邪魔したいお宿だなと思いました。

 

鳥取県皆生温泉にしても、島根県玉造温泉にしてもそうですが、源泉温度が高いので加水・循環はさけられないのではないかと思います。

そんな中で塩素臭の少ない温泉を探すのはなかなか難しいのですが、こちらは上記のとおり比較的良い状態の温泉ではないかと思います。

isai V30+ LGV35レビュー

今までシャープ製SHV33を使用してきましたが、2年が経過して毎月割が終わったということと、挙動が大分おかしくなってきたので、思い切ってLGV35に買い替えをしてみました。

今回は購入後1週間のレビューをしてみたいと思います。

今回のポイント

・大画面とコンパクトはどっちがいい?

・国内メーカー製品と海外メーカー製品の違いはあるか?

本体の質感

有機ELディスプレイは思ったよりも存在感があります。

液晶保護フィルムを使っており色味が変わっているため、発色に関しては何とも言えませんが、スリープモードでも高級感のあるディスプレイだと思います。

背面も悪くはないのですが高級感があまり感じられず、高価格帯の製品であることを考えると、プラスチックではなくガラスやメタルでもよかったかな、とも思います。

特段のマイナスはないものの、プラスもないなといった感じです。

なお、ストラップホールはついていませんので、ストラップを使いたい場合は、ホール付きのケースを探す必要があります。

 

充電

充電ケーブルはUSB TypeCですので、従来のMicro USBケーブルは使用できません。

Quick Charge3.0に対応しているため、有線での高速充電が可能です。

また、ワイヤレス充電Qiに対応していますので、au公式のワイヤレス充電器を使用することもできます。

ただし、純正ワイヤレス充電器はMicro USB対応ですので、上記TypeCは使用できません。

高速充電もできませんので、夜寝ている間の充電などにお勧めです。

最近はクレードルの無い機種もありますので、いちいちケーブルを抜き差ししなくてよいワイヤレス充電は思った以上に便利です。

他社モデルによっては独自開発のCPUを使用しているものもあり、純正の充電器を使わないと高速充電ができないものもありますので(HUAWEIのKirinなど)、汎用性の高いQuick Charge3.0が使えるのはありがたいです。

 

インターフェース

ホーム画面自体には特徴らしい特徴はありません。

いわゆる標準的なandroidのホーム画面です。

Nova launcherなども使用できますが、他所様のレビューなどを見ると、動作によってはかくつく場面があるそうですので(実際に確認はしていません)、ライセンスは持っていますが使うのはやめました。

画面切り替え時のアニメーションなどはいくつか選択できるものの、そんなに選択肢は多くない印象です。

ただ、ホーム画面のテーマはかなりたくさん用意されています。

こちらは、LGV35からLG WORLDというLGユーザ向けのサイトにアクセスし、好きなホーム画面のテーマをダウンロードすることで使用することができます。

壁紙とアイコンをテーマごとに変えられますので、ちょっとした気分転換ができますよ。

 

LG独自色

先ほどのインターフェースにもかかわってきますが、LG独自の便利機能がたくさんあります。

[1]ノックオン

スリープ中に二回タップすると、画面がONになります。逆をすると画面がOFFになりますが、ホーム画面の何もない場所でダブルタップしないと画面OFFにはなりません。

この機種は背面に電源ボタンがあるため、この機能はかなり便利です。

余談ですが、本体を手で持った時に丁度人差し指が当たるあたりに電源ボタンがあるため、これはこれで便利です。

SHV33にはグリップオンという握りしめたら画面がONになる機能があり、大変重宝しておりますが、それに勝るとも劣らない便利機能です。

 

[2]Always-on Display

画面スリープ時にもディスプレイに時計やメールの着信状況などを常時表示させることのできる機能です。

必要最小限な箇所のみ液晶を点灯させているため、バッテリーへの影響は最小限です。

不満点を一つ上げるならば、時計表示の上にメール受信やバッテリー情報、各種更新案内のアイコンなどが表示されるため、慣れないとメールの着信を見落としやすいです。

しかし、これは慣れで何とでもなるでしょう。

別途通知ランプはついていませんので、基本電話やメールの着信はこのアイコンか、待ち受け画面で確認することになります。

 

[3]フローティングバー

画面上左右の任意の場所に『タップしたらアプリへのショートカットを呼び出せるボタン』を配置できる機能です。

こちらには4つまでのアプリを登録することができるので、ホーム画面をすっきりさせたいとき、あるいはアプリの切り替えを円滑に行いたい場合にお勧めです。

最初は「こんなものがあったら画面が見づらいのでは?」と思いましたが、ボタン自体小さいもので、タップすると横にバー状のアプリへのリンクが表示される仕様ですので、案外邪魔にはなりませんでした。

 

安定性

購入して1週間たちますが、エラーらしいエラーも起こっておりませんし、動作は極めて安定しているように思います。

前機種のSHV33では、購入直後にカメラを起動したら「現在高温のため、カメラを使用することができません」などのエラーが出て、他にも様々なトラブルに見舞われたため、計3回くらい交換してもらったこともあります。

LGV35で同様のことが起こらない保証はありませんが、前回のSHV33の購入直後に比べて、動作は安定しています。

LGの中でもハイエンドモデルに位置付けられているものですので、動作もキビキビしていて言うことナシです。

 

大画面は正義か

実は大画面モデルをずっと避けてきました。

持ちにくいんじゃないかとか、ズボンのポケットへのおさまりが悪いんじゃないかとか、片手で操作しづらいんじゃないかとか、重たいんじゃないかとか、不安を上げるときりがなかったです。

SHV33は4.7型ディスプレイですので、約6インチの当機種はかなり大きく感じます。

実際に店頭で実機を確認した際には、画面が大きくなることによってウェブページがかなり見やすくなることに感動しました。

また、大きさの割にはかなり軽いですので、個人的には重さは許容範囲内かと思います。

また、そのままでは片手の操作が難しいものの、ミニビューという、画面の表示を5インチくらいまでにしてくれる設定を使えば、片手で楽々操作できちゃいます。

ズボンのポケットに入れると、若干大きさが気にはなりますが、生活に支障が出るレベルではないとは思います。(ズボンに入れるとしたら、このモデルの大きさがほぼほぼ限界かと思います。ズボンによっては、ちょっとつっかかりというか、つっぱりを感じるのではないでしょうか。ですので、私は基本カバンに入れて持ち運んでいます。)

 

国内メーカーと海外メーカーで違いはあるか

あるといえばあるし、ないといえばないと思います。

ですがそれは『ネガティブな意味で』ではなく、飽くまで『ポジティブな意味で』です。

今まで何台かタブレットスマホを使ってきましたが、アップル製品を除いて、ほぼすべて日本メーカー製のものしか使ったことがありませんでした。

日本メーカー製を選んでいれば間違いないと思ったのと、海外メーカーの製品の品質に若干の不安があったからです。

ですが、実際に使ってみて、そのような不安は杞憂に終わりました。

むしろ、日本メーカー製品は作りが堅実で遊びが少ないのに対して、海外製品はいろいろと遊びの部分があって、またかゆいところに手の届く作りになっているな、と思いました。

スマホではありませんが、NAS(ネットワーク対応HDD)でも、日本メーカーの製品よりも海外メーカーの製品の方が出来ることが多く、攻めの姿勢で作られている製品だなと感じることが多いです。

使い始めて間もないため、耐久性までは検証できませんが、海外メーカーだから、と避ける必要は全くないように思います。

 

その他1

店頭で触ってみたときに、一つ気になったのは「文字入力が直感的にできないな」ということです。

どこをタップしたら期待する動作になるのか全く解りませんでした。(これはマニュアルを読まない方が悪いので、この機種が悪いわけではありません。メーカーが違えば作法も違います。)

ですので、購入後は特にマニュアルを見ることなく、慣れていたATOKを入れて使っています。

私はフラワータッチが好きなのですが、設定を終えて使っていると、やたらと変換動作がカクカクすることに気づき、若干ゾッとしました。

実は、SHV33でも同様の現象にであったことがあり、Cメールでのみフラワータッチを使うと動作がカクカクする現象に見舞われました。

ジャストシステムに問い合わせをしても解決せず、結局1年以上たってOSのメジャーアップデートで解決しました。

今回、Cメールに限らずどこでも同様の現象が発生したのでゾッとしたわけですが、設定を一か所変えるだけで解消しましたので紹介しておきます。

ATOKを起動し、設定画面の「テンキー」に入ります。

そこにある「ケータイ入力の有効化」にチェックが入っていますので、このチェックを外すと動作がサクサクになります。

 

その他2

 当機種でプッシュされている機能の一つがカメラです。

スマホカメラとしては良いほうだと思いますが、それなりに歪みが発生したり、ノイズが乗ったりはしますし、過度の期待をするものではないと思います。

ただ、デュアルカメラの恩恵で近景も遠景も撮りやすいですし、自撮りをしてシャッターがきりにくいとき、「とります」と一言いうだけで勝手にシャッターを切ってくれる機能もあり、こちらもまたかゆいところに手の届く仕様となっております。

もう一つがB&Oチューニングの音ですが、こちらもヘッドフォンを使わないと恩恵にあずかることはできませんし、スピーカーはモノラルですので、そこのところは了承したうえで買うべきかと思います。

また、コンポなどでもそうですが、アンプの性能が優れていても、スピーカーの品質がイマイチだと良い音が出ません。

ですので、安いヘッドフォンをつなげたところで、劇的に音質が改善することはないと思いますので、それなりのものを使われることをお勧めします。(ただ、スマホで音楽を聴くだけなら、あまりに高すぎるものを買ってもコスパが悪いですので、なかなか難しいですね。)

Huawei MediaPad M3 Lite 10 wpレビュー

androidタブレットiPadを併用していますが、Sonyの銘機Xperia Tablet Z2の調子が悪くなってしまったため、Androidタブレットを買い替えました。

 

スマホはともかく、Androidタブレットはここ数年でスペック的な向上があまり見られず、しばらく調子が悪かったZ2の代替機を見つけられずにいました。

Z2自体、倉庫に眠っていた新品や中古品はまだ手に入りますが、かなり価格が高騰しているということと、Androidのバージョンが古いということを考えると、手を出すのに躊躇してしまいます。

 

そこで見つけたのが、中国のメーカーHUAWEIのMediaPad M3 Lite 10 wpです。

特徴としては、オクタコアのCPU、3ギガメモリ、防水、フルセグ閲覧可、といったところでしょうか。

欲を言えばCPUをKirinの上位モデルに、メモリを4Gにしてほしいという気持ちもありますが、Androidの特性上、超ハイスペック=使いやすい、というわけでもないのかもしれません。(機械には疎いので解りませんが)

現在販売されているタブレットの中では、比較的スペック的な優位はあるモデルではないかと思います。

ということで、今回はMediaPad M3 Lite 10wpのレビューをしてみたいと思います。

 

1.デザイン

色はミスティくシルバーオンリーで液晶の枠は広め、厚みも多少あります。

ただ、重さは公称465gということもあり、軽くもなく重くもなくといったところでしょうか。

前に使っていたのがXperia Tablet Z2で、公称426gのオムニデザインという事があり、それよりかは重さを感じますが、400g台だということは大いに評価できます。

値段が値段ですので高級感はありませんが、そこが割り切れるなら十分アリなモデルです。

 

2.バッテリーの持ち&充電時間

付属のアダプターとケーブルを使ったら速く充電できます。

バッテリーの持ちは、限界まで使い切ったことがないためはっきりとしたことは言えませんが、個人的な感覚として1日動画を見たりネットをしても持ったので、優秀な部類ではないかと思います。

 

3.サクサク具合はどうか

重い3Dゲームはしませんが、NASの上の動画を見たり、Youtubeを見たり、ネットをしたりする上でもたつくことはほぼありません。

ただ、画面の切替時(起動しているアプリを最小化したり、スワイプなどで画面を切り替えたり)の演出がiPad等比べて控えめであるため、最初は切り替えが雑だな、という印象を受けました。(間<ま>がなく切り替わる)

ただ、これに関してはコテコテの視覚効果よりもシンプルな方が良い、という人もいるでしょうから、客観的な評価にはなりませんし、スペック上の欠点でもないかと思います。(視覚効果に関してはHUAWEI謹製のもので幾つか設定できるようになっています)

Z2に比べて、明らかなサクサクさは感じることはありませんが、特段劣っているとも感じません。

ここらあたりは一般的なタブレットのスペックが極めて高いわけではない、という点に起因しているように思います。(iPad proなどは別格だと思いますが、Androidに関しては差別化されたハイスペックモデルは少ないように思います)

 

4.液晶

個人的には、発色はきれいだと思います。

一部レビューサイトを見てみると、「目がチカチカする」などと書かれていますが、私はそうは感じませんでした。

ブルーライトカットモードを使うと、かなり違和感のある発色になりますが、通常は特に気になりません。

 

3.操作

物理ホームキーは横長ボタンで、他機種と使用感が異なるように思います。

私はバーチャルの「戻る」「ホーム」「アプリ一覧」ボタンを表示させるように設定したので操作方法はスマホやZ2とほぼ同じになりましたが、操作感にはちょっと癖があるので、慣れたり設定を替えたりするまではちょっと違和感があるかもしれません。

 

4.Wifi

飽くまで「私の環境では」という条件付きになりますが、Wifiの掴みは悪くないと思います。

我が家は山奥に有り、ネット環境が特殊であるため、Wifiのつかみが悪いことも多いですが、とりあえず4日間使ってみて不具合はありませんでした。

 

5.テレビ

私の地域ではアンテナを付けてもフルセグが映ることは一度もありませんでしたが、普通のテレビですらたまに映らないことが有るため、本体というより地域性だと思っています。

 

6.スピーカー

スピーカーが4つ搭載されており、Harman Kardonのチューニングということでかなり期待しておりましたが、その期待に応える出来だと思います。

タブレットに搭載された小型スピーカーですので、過度な期待はもちろん禁物ですが、スマホタブレットを複数使ってきた身としては「悪くはない」という感想です。

音量も申し分ありません。

 

7.その他気づいたこと

AmebaTVがプレインストールされています。

噂はかねがねでしたが、実際に使ったことがなく、見てみてコレは便利だな、と思いました。

Nova launcherを入れましたが、通常動作では問題ないものの、ウィジェットを追加しようとするとエラーが出るためアンインストールしました。

液晶保護フィルムの選択肢は多いようで少ないです。

聞いたことのないメーカーのものは数多くありますが、メジャーどころのものはほぼ無いと思っていいと思います。

現在iPad ProにAnkerのガラスフィムをはっており質感や品質に満足しておりますが、無名メーカーの安いガラスフィルムだと、品質の差を大いに感じました。

これは本体とは直接関連のない話ですが。

このモデルが潔いのは「マルチメディアに特化したモデル」であるということ。

重いゲームがどこまで出来るかは未知数ですが、音響・映像・バッテリーの持ちを考えればマルチメディア用のモデルとして、選択肢に挙げて良いと思います。

充電はmicroUSBではなくTypeCです。

個人的にはココが一番気になりますが、そういう時代なのでしょう。

(手持ちの機器の充電ケーブルが少なければ少ないほどよいですが、ちょうどmicroUSBからTypeCへ移り変わる時期なのだと思います。)

Pocket Wifiが安定しない場合

レンタル品の場合、設定を変えることが出来ないものもあります。

再起動しても回線速度が安定しない場合、エクステンダーを使ってみるのも一つの手です。

 

TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 11n/g/b 300Mbps コンセント 直挿し 3年保証 TL-WA850RE

TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 11n/g/b 300Mbps コンセント 直挿し 3年保証 TL-WA850RE

 

 こちらを使えば、Pocket Wifiを有線化することができますし、より広い範囲で無線LANを利用することもできます。

 

現在304ZTを使っていますが、調子の良いときには30メガ程度出るのですが、3~4メガしか出ない日が続いたため、エクステンダーに繫いで有線化したところ、安定して30~40メガ出るようになりました。

この回線で無線を使う必要性がない為、あまり実験はしておりませんが、同室内ならばある程度安定して使えるとは思います。

広い家で使おうと思ったら、それなりの機種を選んだ方が良いと思います。

 

我が家の場合、ブロードバンドが使用できない地域に住んでいますので、レンタルWi-Fiを有線化して使っています。

引っ越し当初は850REを使って環境を構築しようとしましたが、複数の部屋で使おうとすると回線が安定しなかったため、サブで使っているポケットWi-Fiとセットで使ったりなど、緊急避難的な使い方をしています。

万人受けする製品ではありませんが、一つ持っていて損はないと思います。

価格は2千円台です。