くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

ストーブ VS エアコン

昨年から寒さの厳しい地域に住んでおり、何とか冬場の電気代を安くあげようと、色々と試してみました。

 

(1)我が家の環境

f:id:arumajirocket:20181213180946j:plain

台所はフローリング、寝室と今は畳敷きで、点線部は襖です。

エアコンは寝室にある1台で、他の部屋を温めたい時には、基本襖を開け、必要に応じてサーキュレーターを使います。

部屋の配置上、台所か居間で生活する際にエアコンを使うと、不必要に寝室が暖められます。

 

(2)エアコンつけっぱなし最強伝説

一時期のネット記事で、エアコンはつけっぱなしにした方が安く上がる、とあったので実際に試してみました。

我が家の場合、常に誰かしら家族が家の中にいますので、長時間無人状態になることはありません。

エアコンの場合、一番電気代がかかるのは部屋の温度をあげる(あるいは下げる)時で、一定の温度に落ち着いたら消費電力は落ち着きます。

ですので、24時間つけっぱなしにして室内温度をある程度一定に保とう、というのがネットでよく言われる「エアコンつけっぱなし最強伝説」です。

我が家の場合、上記のような部屋の配置になっていますので、時間帯によって使用していない部屋については襖を締めています。

 

2017年11月13日〜12月13日の電力使用量は491kWhでした。

(色んな電化製品があるので使用量が多いです(^^;)

 

(3)必要な時間帯&部屋だけストーブで

今年の同期間は必要な部屋だけストーブを使ってみました。

昨年との違いとしては、家族のアレルギーの関係で空気清浄機を24時間稼働させています。

それ以外の環境は恐らく大きくは変わりません。

 

2018年11月13日〜12月13日の電力使用量は328kWhでした。

同期間では18Lの灯油しか使っていませんので、燃料代は最大1800円で、こちらを加味しても昨年より電気代は安く上がっています。

 

(4)まとめ

一般論としては、最新式のエアコンの方が石油ストーブよりもコストパフォーマンスが高いため、24時間つけっぱなしにしても必要な時のみ使っても、恐らくはエアコンの方が安くあがる可能性が高いです。

ですが、我が家の環境のように、一台のエアコンで全ての生活空間を管理するような場合、場合によっては石油ストーブの方が安く上がる可能性はあるかと思います。

言い換えれば、我が家の環境の場合、不必要に寝室の暖房をしていることになりますので、ストーブで局所的な暖房をした方が安く上がった可能性があります。

複数のエアコンを設置されているご家庭の場合は、また条件が変わってくるかと思います。

 

12月から1月も同様の条件で検証してみようかと思いますが、環境によってエアコンが安いか石油ストーブが安いかは検討してみる価値はあるかと思います。

石油ストーブにも様々あり、我が家で使っているダイニチ製は点火が早い代わりに電気代が高かったり、コロナ製は点火が遅い代わりに電気代が安いなど様々ですので、環境によって研究することが大切かと思います。

祝 ☆ 出雲駅前らんぷの湯 再開

2018年2月に火事で全焼してしまったらんぷの湯が営業を再開しました。

f:id:arumajirocket:20181202085541j:image

内装は今までのものをベースにしつつ、少し変わった程度でしょうか。

入浴料は平日大人700円、休日750円で、これまで同様自販機で購入します。

オープニングイベントとして、入浴券を出す時に1人1回くじを引くことができます。

残念ながら外れてしまいましたが、良いものが当たるかもしれませんよ♩

 

新築だけあって、施設内は木の良い匂いが漂っています。

脱衣所には鍵付きロッカー(大)、鍵付きロッカー(小)、衣類用カゴがあります。

新たに小型鍵付きロッカーが追加された形ですね。

浴室もデザインは従来のものを踏襲して、内風呂×1、1人用外風呂×3、サウナ、露天用寝椅子×1、露天用水風呂×1という仕様で、竹林もちゃんとありました。

 

茶色いお湯も健在で、なんと形容したら良いかわかりませんが、やや鉄っぽいようなにおいがします。

匂いや色のある温泉は島根県の東部では珍しいですので、近くに立ち寄られた際には、是非利用してみてくださいね。

 

2018年 鰐淵寺紅葉

この記事は2018年12月1日現在のものです。

紅葉の名所として名高い鰐淵寺ですが、ピークは越えたもののまだまだ素晴らしい景色を楽しむことができます。

来週になるとちょっと厳しいかな。

行かれるなら明日、12月2日をお勧めします。

 

f:id:arumajirocket:20181201202128j:image

f:id:arumajirocket:20181201202139j:image

f:id:arumajirocket:20181201202237j:image

f:id:arumajirocket:20181201202249j:image

f:id:arumajirocket:20181201202258j:image

f:id:arumajirocket:20181201202308j:image

f:id:arumajirocket:20181201202318j:image

f:id:arumajirocket:20181201202334j:image

f:id:arumajirocket:20181201202349j:image

f:id:arumajirocket:20181201202402j:image

f:id:arumajirocket:20181201202427j:image

f:id:arumajirocket:20181201202450j:image

f:id:arumajirocket:20181201202539j:image

f:id:arumajirocket:20181201202624j:image

f:id:arumajirocket:20181201202645j:image

f:id:arumajirocket:20181201202706j:image

f:id:arumajirocket:20181201202730j:image

f:id:arumajirocket:20181201202804j:image

f:id:arumajirocket:20181201202822j:image

f:id:arumajirocket:20181201202844j:image

f:id:arumajirocket:20181201202859j:image

f:id:arumajirocket:20181201202916j:image

f:id:arumajirocket:20181201202937j:image

f:id:arumajirocket:20181201202955j:image

f:id:arumajirocket:20181201203009j:image

f:id:arumajirocket:20181201203033j:image

f:id:arumajirocket:20181201203053j:image

f:id:arumajirocket:20181201203119j:image

f:id:arumajirocket:20181201203135j:image

f:id:arumajirocket:20181201203201j:image

f:id:arumajirocket:20181201203237j:image

f:id:arumajirocket:20181201203307j:image

f:id:arumajirocket:20181201203328j:image

f:id:arumajirocket:20181201203403j:image

f:id:arumajirocket:20181201203426j:image

f:id:arumajirocket:20181201203501j:image

f:id:arumajirocket:20181201203527j:image

 

モバイルディスプレイに使える簡易スタンド

前の記事で、モバイルディスプレイ付属のスタンドが壊れたと書きましたが、その時にアマゾンでスタンドを買ってみました。

タブレット スタンド ホルダー 角度調整可能, Lomicall スタンド : 充電スタンド, ホルダー 対応 タブレット 卓上 (4~13''), アイフォン, アイパッド, Samsung S7 S8 Note 6,LG, Kindle Samsung Tab, Sony, Huawei MediaPad

LOMICALLというメーカーの製品で、タブレット向きのスタンドです。

これから書く内容はメーカー非推奨な使い方ですので、実際に使用される場合は自己責任でお願いします。

 

 

 

f:id:arumajirocket:20181201081046j:image

こちらはLOMICALLスタンド+Gechic 1503Iの組み合わせです。

色もあって、正面から見ると本物のPCっぽく見えます。

 

非推奨の理由は、こちらのスタンドの推奨タブレットサイズが13インチまでだからです。

物自体はしっかりしていますので支えてはくれますが、なんかの拍子で…なんて事もありますからね。

ただ、こちらを使うことでディスプレイの高さがやや上がりますので、見やすくなった気はします。

 

 

 

Gechic Onlap 1503I スタンド修理

個体差もあるかもしれませんが、私の使用しているモバイルディスプレイ1503Iのスタンドは購入時から不安定で、いつ壊れてもおかしくないような状態でした(^^;

一年半以上だましだまし使ってきましたが、気がついたらスタンドのゴム部分が千切れて壊れていました。

f:id:arumajirocket:20181129202225j:image

穴が空いている部分がネジ穴で、材質は伸縮性の高いゴムです。

暗くて見えませんが穴の空いている面には両面テープが貼られています。

この両面テープで本体とスタンドを固定して、さらにネジで止めることで、スタンドとディスプレイが常にくっついている状態にできます。

モバイルディスプレイですので移動させて使うことも多いですが、その度にネジ周りのゴムが伸びて外れたりする事も多々ありました。

 

f:id:arumajirocket:20181129202554j:image

f:id:arumajirocket:20181129202825j:image

これは購入時からですが、金属とゴムを接着剤でくっつけているため、こんな風にすぐに剥がれます。

 

販売元のテックウインドによると、スタンドのみの交換や販売は行っておらず、本体一式の修理になるとのこと。

また、修理手続きは購入元で行うため、お店に相談して欲しいと言われました。

ネットショップで購入したため、修理に出すとデフォルトで送料諸々3000円かかるのですが、これを直すだけで3000円+αは痛手なので、修理を試みました。

 

準備したのはゴム用接着剤と強力テープ(ゴムにも使えるもの)です。

千切れたところを接着剤でくっつけ、それだけだと劣化したゴムの耐久性が落ちているので、テープで巻いて修理しました。

いずれまた壊れそうですが、とりあえずは使えています。

f:id:arumajirocket:20181201080341j:image

とりあえずゴムが伸びることはありませんので、しばらくは外れずに使えそうです。

使用時には隠れる部分ですので、大して目立ちませんよ。

 

まだゴムは千切れていないけど同じような症状に困っている…というかたは、ゴム用のテープで補強するというのはありだと思います。

 

 

 

【島根県】海潮荘【雲南市大東町】

2回目になりますが、島根県雲南市大東町にある海潮温泉にお邪魔してきました。

島根県東部に観光でいらっしゃるなら、玉造温泉を利用されることが多いかと思います。

『旅館』という目線で見れば、非常にサービス品質の良いところが多くお勧めなのです。

玉造温泉街も雰囲気があって素敵なんですよね。

 

ただ、玉造温泉は高温泉のため、加水されていたり、塩素消毒や循環を利用している宿が多いのが実情です。

そのため、あえて玉造温泉以外に泊まる、という選択肢があってもいいのかな、と思うのです。

 

島根県東部で、個人的に利用したことのあるオススメ温泉は2つ。

一つは安来のさぎの湯温泉です。

白鷲が足の傷を治したことに由来して名付けられたという温泉のようです。

温泉旅館は複数あり、私はさぎの湯荘のみ利用したことがありますが、温泉・料理・部屋・サービスと全ての品質が高い印象です。

近くには足立美術館清水寺があるなど、観光をするにもうってつけの場所です。

 

もう一つは海潮温泉です。

雲南市大東町に位置する温泉で、正直なところ周囲の観光もそこまで充実しているわけではありません。

松江城まで約20キロ、出雲大社まで約40キロというロケーションながら、温泉はすこぶるいいんですよね。

こちらの宿でお勧めしたいのが海潮荘なのですが、大浴場は循環・塩素消毒ありの割には、塩素の匂いはほぼありませんし、露天風呂の景観も大変すばらしいです。

個人的な憶測ですが、露天風呂の湧出口から投入されるお湯は源泉で、実際に触れてみるとわかりますが、微かに硫黄のにおいがします。

湯船のお湯からは硫黄のにおいはしないため、時間の経過によって、あるいは循環ろ過によっての変化ではないかと思います。

個人的には循環の温泉には全く興味はないのですが、こちらはお湯&景観ともに素晴らしく、何度も訪ねたいと思います。

奥出雲の斐乃上温泉も同じような感じです。

半循環(湧出口からは冷たい源泉と、循環している熱いお湯が混合して出てます)ですが、ヌルヌルする大変良いお湯ですよ。

 

話を海潮荘に戻したいと思います。

宿泊客限定だとは思いますが(詳しくは宿にご確認ください)、家族風呂の成分表を見ると、加水のみで塩素や循環という記述はないため、こちらはもしかしたらかけ流しかもしれません。

2回ほどお邪魔しましたが、4~5時前後の早い時間帯で入ると湯船のお湯からも硫黄臭がしますが、遅い時間帯に入ると大浴場とあまり変わらない気がします。

 

原因はよくわかりませんが、もしかしたら新しいお湯の投入量が少ないため、時間によって硫黄のにおいが消えてしまうのかもしれません。

あるいは、記載漏れで循環なのかもしれませんが、浴槽にパイプはついているものの、そこから湯が出て行ったり、あるいは入ってきたりしている雰囲気はないため、あまり循環という雰囲気はないんですよね。

いずれにせよ、早い時間帯での家族風呂の利用を是非お勧めします。

また、こちらの旅館で素晴らしいのはお料理です。

コースにもよりますが、懐石は魚介と野菜中心のお料理ながら、お腹いっぱいで満足できるだけの量とクォリティがあります。

施設自体古いところはありますが、よく手入れされていますので、私個人としては利用させていただいていて嫌な思いは一切ありませんし、かえって居心地が良いなと思います。

従業員の方々もサービス精神旺盛で、本当に快適に過ごすことができます。

こちらの旅館は、実は自宅から一時間以内でお邪魔できる場所にありますが、今後も何度でも訪れたいなと思うお宿です。

旅行で島根にいらっしゃった方だけでなく、実は地元の方々にも利用していただきたい旅館です。

近隣には桂荘という源泉かけ流しの日帰り入浴施設があったり、温泉に恵まれた場所です。

また、観光名所があまりないとは書きましたが、近くには須賀神社という隠れインスタスポットなどもありますので、是非とも訪れてほしい場所です。

【島根県出雲市】祝・らんぷの湯再開【日帰り温泉】

2月の火事で全焼した出雲市駅前の日帰り温泉、らんぷの湯が11月30日より営業を再開します。

本日(11月29日)よりHPがリニューアルされております。

島根県東部では珍しい濁り湯です。

近くまで立ち寄られた際には、是非訪ねてみてください。