くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

プロジェクターの音をアンプから出す方法

低価格帯のプロジェクターの場合、本体に音声出力やBluetoothが搭載されていないモデルも多いと思います。

そういった場合、プロジェクターに接続している機器からアンプに直接接続するというのも一つの手ですが、環境によってはそれが難しい場合もあるかと思います。

 

今回やりたいこと!

1.プロジェクターに繫ぎたい機器は3つ。ラックに設置しているため、いちいちケーブルを繋ぎ変えるのは避けたい。

2.PS4はテレビでもプロジェクターでも楽しみたい。

3.機器の切り替えはできるだけ自動が良い。

 

という何ともワガママな要望を叶えるのに少々手こずりました。

まずは準備したものをご紹介します。

 

1.HDMIセレクタ

 

ミヨシ MCO 3in 1out HDMIセレクター HDS-3P ブラック

ミヨシ MCO 3in 1out HDMIセレクター HDS-3P ブラック

 

 ミヨシ製HDMIセレクターでよいのは、電源アダプタなしで使える点です。

HDMI給電のため、機器によって相性問題は発生する可能性はありますが、PS4DENON製ブルーレイプレイヤーなどを繋いでみて、現在ノートラブルです。

 

2.HDMIスプリッター

 

 私が購入したときは2400円程度でしたので、著しく高ければ他機種をお勧めします。

こちらもノートラブルで使えています。

 

3.HDMIオーディオ分離器

 

 実はこれが一番高かったのですが、やっぱり国内メーカー品が良いかなと思い、ラトック製にしました。

右端に黒いボタンが2つありますが、一つは電源、一つは出力モードの切り替えスイッチです。

出力モードは以下の3パターンですので、購入されるなら用途に合っているかどうか確認ください。

 

1.分離せずにそのまま出力。

要はHDMI中継器的な使い方です。

 

2.音声はRCAオーディオケーブルから出力、映像のみHDMIから出力。

基本このモードで使っています。

 

3.音声を光デジタルで出力、映像のみHDMIから出力。

 

これらの機器を使い、以下のように配線しました。

もっと良いやり方があれば、ぜひ教えてください。

f:id:arumajirocket:20171003193242p:plain

今後、プロジェクターとテレビの切り替えはスプリッターを使う予定です。

配線がスッキリさせて電気代を節約しよう

我が家にはテレビ周りにたくさんの機器を取り付けていますが、よくよく考えてみると機器の使用頻度にはかなりの差があります。

使用していなくても、コンセントに差しているだけで待機電力等が発生しているので、考えてみると勿体ない話ですね。

そこで、思い切ってテレビ周りの配線を整理することにしてみました。

 

まずは今回使ったモノから。

パナソニック(Panasonic)?OAタップ(接地15A抜け止め形)(6コ WCH2436H

パナソニック(Panasonic)?ザ・タップX(安全設計扉・パッキン付) WHA25144WP

上記2タイプのタップを使用しました。(メーカーと仕様は若干異なります)

2種類のタップを準備した理由は、機器によって『常時通電』が必要な機器と、『使う時だけ通電』されたら良いものがあるからです。

 

【常時通電にした機器】

テレビ,テレビ録画用HDD,LANハブ,パソコン,DVDプレイヤー,ブルートゥーススピーカー,nasnePS4

常に電源を入れておくものと、家族の使用頻度が高くいちいち電源のオンオフを強いるのは申し訳ないものはこのカテゴリにしました。

 

【スイッチ付きタップに繫いだ機器】

アンプ,CDプレイヤー,HDMIスプリッター,HDMI音声分離機,PS3XBOX

特にHDMIスプリッターとHDMI音声分離機はプロジェクターでゲームや映画を楽しむときに使っていますが、電源スイッチがついていないものもあるため、タップで管理しています。

 

BUFFALO ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Lサイズ ホワイト BSTB01LWH

ケーブルボックスも活用しました。

実際の設置位置はテレビ台やオーディオラックの裏側なのですが、これがあるのとないのとだと、ケーブルの整い具合がかなり違います。

ただし注意してほしいのは、ケーブルを過度に締め付けないようにするということ。

外部からのストレスが強く働くと、発熱や火災の原因になります。

【60本セット】iXCC 強力 マジック テープ 面ファスナー 収納バンド 結束バンド ベルクロ テープ ケーブル/コード等収納【15cm*60本、2色】

 

 

 

こちら、amazonで1000円切るぐらいで60本入りのものが手に入りますが、なかなか使い勝手が良いです。

今回ケーブルボックスを大小あわせて2個使いましたが、ケーブルの交通整理に一役買ってくれました。

Fargo USB ほこり防止シャッター付 電源タップ AC6個口 PT600WH

実はすごく役立っているのが、この回転式電源タップです。

電源プラグを指す箇所が回転するのですが、テレビ台の下にある微妙なスペースに置いて活用しております。

設置場所によって、柔軟に対応できるタップなので非常にお勧めです。

 

実はこの配線をするのに、半日以上かかってしまいましたが、仕上がりには満足しています。

ある程度使用機器がそろった環境であれば、配線を工夫して見苦しくなくしたり、電気代を節約したりすることができますので、お勧めします。

ホームプロジェクターのススメ!

仕事で必要になったため、EPSONのプロジェクターを購入しました。

前々からプロジェクターには興味がありましたし、自腹で買ったので職場に置きっぱなしにするのは勿体ないと思い家庭で使ってみたところ、コレが意外といけるんです。

今回はビジネス&ホームユースを想定して、プロジェクターの使用例をご紹介したいと思います。

 

今回購入したのは、EPSONの新機種EB-W05です。

 

EPSON プロジェクター EB-W05 3300lm 15000:1 WXGA 2.5kg 無線LAN対応(オプション)

ホームユースであれば、明るさ(ルーメン)はある程度抑え気味で解像度重視でよいと思いますが、私の場合メインがビジネスユースで、それなりに明るい部屋でクッキリ映り、価格もある程度抑え気味のものを探していました。

また、セットアップに時間がかからない(設置が簡単なのはもちろんのこと、使用後短時間で片付けが可能であることも重視しました)機種を探したところ、EPSONのダイレクトシャットダウン対応機種が候補にあがりました。

EB-S05など、4万円前後の機種に心が傾いていましたが、結局、気持ち解像度の高い最新機種のEB-W05を購入しました。

 

今回は、EB-W05を家庭で楽しむためにすべきことを中心に書いていきたいと思います。

 

【投影場所】

公式サイトにもある通り、壁に投影するというのも一つの手です。

現在の住宅は古い木造で、壁が薄緑の土壁ですが、そこそこきれいに映ります。

ただ、家具等の配置の関係で、壁投射が必ずしもベストな環境ではないため、スクリーンの購入を検討しました。

 

スクリーンの種類・価格帯もさまざまあります。

安くあげたいのであれば、サイズに関係なくamazonなどで数千円で手に入ります。

多くはスクリーンの外周に固定用の穴が開いていますので、うまいことやれば安く設置可能です。

 

 

使ったことがないので、絶対に使えるとお約束はしかねますが、このようなものを鴨居にはめて使えそうです。

かなりコチラに気持ちが傾きましたが、我が家の場合、2部屋で使う可能性があるということ、両方共で上記フックが使えないという点を考慮して、三脚型のスクリーンを検討しました。

しかし、サイズが大きくなると2脚の三脚が必要ということと、設置に場所が必要(三脚という名前の通り、三角形の底辺でスクリーンを支えますので、意外と接地面が広くないと使えません)だということで見送りました。

最終的に選んだのは、自立式のモバイルプロジェクターです。

職場にもありますが、重くて倦厭しておりました。

しかし、最新式を選べば、そこそこ軽いものが手に入ります。

 

 

泉 VSシリーズ 80ワイド型(16:10)支柱式フロアタイプモバイルスクリーン VS-80V VS-80V

 私は仕事で使っている関係上、泉のAS-80V(上記写真とは違います)を購入しましたが、探してみるとホームユースで有名な別のメーカーも見つけられると思います。

サイズによっては当然横幅は取りますが、縦幅は三脚ほど場所を取りませんので、設置場所がそんなに広くない、あるいは焦点距離を確保しづらい場合はおすすめです。

私の場合、価格&品質のバランスを考慮しつつ選んだところ、16:10のスクリーンを選んでしまい、到着するまで公開していましたが(映画を見るのであれば16:9が良いと思います)パソコンを投影することを考えると、これもありかと思いました。

 

【セッティング】

私の場合、パソコンを使って動画やYoutubeを再生したり、DVDプレイヤーで映画を見たり、というのが主な用途です。

昔のプロジェクターの場合、パソコンとつないでも認識するまで時間がかかったり、なかなか映像が出なかったりもしますが、この機種の場合は何と繫いでもすぐに映像が出ます。

HDMIセレクターをかませてもノープロブレムです。

投影準備ができるまでの時間も短いですし、片付けもあっという間に終わるので、大変助かりました。

仕事ではほぼタブレットタイプのWIndowsPCのmicroHDMI出力を使っていますが、こちらもノートラブルです。

 

【その他】

気を付けてほしいのは音です。

2Wのスピーカーを搭載していますので、ボリュームもそこそこありますし、音質も『この手のものとしては』悪くないと思います。

ただし、音質重視の方が満足できるほどのものではないため、そうなったら外部スピーカーなどに繫ぐ必要があります。

そうなった場合に困るのは、プロジェクターに音声出力がついていないということです。

元の機器に音声出力がついていれば直接スピーカーやアンプに繋げられますが、そうでなければ、HDMIから音声を分離して出力する機器が別途必要になります。

 

 

 

上記モデルは例ですので、実際に当方が試したわけではありません。

 

【その他2】

当方の場合、狭い部屋にプロジェクターを設置する関係上、プロジェクターを置く机を常設することはできません。

私の場合、折り畳みの机を使うことで、問題を解決しました。

 

 現在コチラを使っていますが、大きすぎず小さすぎず、折り畳みでき、使わないときにはベッドの下に収納しています。

 

プロジェクターは消費電力も多いため、そんなにしょっちゅう使うことはできませんが、使うと感動すること間違いなしです。

是非使ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HDDの突然死にご用心

HDDというのは奇妙なもので、何年も異常なく使えることもあれば、購入直後に突然死を迎えることもあります。

工業製品である以上、不良品が発生するのはやむを得ない部分もありますし、HDDの構造上突然壊れても仕方がないのは理屈では解るのですが、当然のことながら壊れると困って今います。

 

私自身、「どうせ壊れないだろう」と高をくくって、NAS上でWesternDigiral REDをRAID0で運用していたところ、そのうちの1機が突然死をしてしまいました。

ちょうど私が出張中の出来事で、妻から「機械(SynologyのNAS)から変な音(エラーを知らせるビープ音)がするがどうすればよいか」とメールが来て、自分のパソコンメールも確認してみたら確かにNASからエラーを通知するメールが届いていました。

 

結果、SynologyのNASに搭載した内蔵HDD(WD RED)の障害でしたが、今回幸いだったのは、何度かSynology NASを再起動したのちに、何とかデータにアクセスできた点です。(一度の再起動ではダメでした)

目に見えない部分でのデータ破損は覚悟しないといけませんが、HDDがクラッシュした場合、あきらめずに何度か再起動を繰り返すことにより、内部データへのアクセスができる場合があることが今回わかりました。

現在別のNAS(通常運用していないものを引っ張り出してきました)へのバックアップを実施しています。

 

今回の障害の場合、事前にS.M.A.R.T情報での異常は検知されませんでした。

文字通り突然死ですが、こういうことはHDDではままあるのではないかと思います。

 

何故かはわかりませんが、経験上、NASに外部ストレージを接続するよりも、LAN経由で別のNASへバックアップを取ったほうが速度的に有利かと思います。

USB3.0ポートが搭載されていても、思うような速度が出なかったことが大半です。

(私の環境が悪かったのかもしれませんが、使っているPCのスペック如何に関わらず遅いです)

 

したがって、突然のHDDクラッシュに見舞われても、慌てず何度か再起動を繰り返したのちにアクセスできるようになる『可能性』はありますので、冷静に対処しましょう。

f:id:arumajirocket:20170830201245g:plain

この画像のとおり、HDDの障害は解消していませんので、継続使用はできないかと思います。

 

また、別記事にも書きましたが、HDDの3年保証があったとしても、WDの場合はリファービッシュ品(再生品)との交換になりますので、バックアップ用とであればまだしも、交換品をメインのHDDとして運用するのは気が引けます。

 

今回の事象で学んだこととしては…

1. RAID0で運用するなら必ず外部バックアップを取るべし

2. 冗長性が欲しいならRAID1以降で組むべし

 

個人的な意見ですが、業務用ではなく個人用のデータであれば、内蔵・外付けのHDDにバックアップをとっておいて、RAID0で運用するのが一番コストパフォーマンスに優れるかなと思います。

NASは24時間電源が入っていますので、HDDの素性もそれなりにもとめられます。

ただ、バックアップデータであれば、多少ランクの落ちるHDDでもよいと思いますので、使い分ければよいと思います。

また、外付けHDDなどもたまに激安でありますので、使ってみるのも一つの手です。

iPad Pro 10.5インチ レビュー

今回の記事の概要は…

iPad Proに液晶保護フィルムを貼ってみよう

Windows用のキーボードをペアリングして使ってみよう

 

手持ちのiPad airが壊れてしまったので、新しくiPad Proを購入してみました。

air自体に特段の不満は無かったのですが、iPad Proはスペックが上がっているだけあって、格段にサクサク使えるようになっているな、という印象です。

画面のスクロールも非常に滑らかですし、全体的にキビキビ動いてくれています。

まだ使い込んではいないため、詳細なレビューは後ほどさせていただきますが、まずは導入編ということで液晶保護フィルムについて書いておきたいと思います。

 

Anker GlassGuard iPad Pro 10.5インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム

 

今回使ってみたのは、モバイルバッテリーで有名なAnker社のものです。

自己吸着型のシリコンは貼りやすく好きなのですが、今回初めてガラス製のものにチャレンジしてみました。

取り扱い説明書は日本語とイラストである程度わかりやすくはなっていますが、例えばどちらが表面でどちらが裏面か、などといった根本的なことが書いていないので、少々困りました。

液晶に貼り付ける面には「BACK Adhesive sice」というシールが貼ってありますが、それ以上の説明が書いてないので、本当にこれが裏面で良いか、若干不安になってしまいました。(こちらが裏面でOKですが)

貼り付けたい位置に保護フィルムを置いて、剥がせるシールで固定をして、裏面のフィルムを剥がし、液晶面に貼り付けるというお馴染みの貼り方ですが、シリコンと違って硬いため、そのままパタンとかぶせてしまうと大量に気泡が入ります。

入った気泡はヘラで抜くことになっていますが、中央付近にできた気泡はヘラでは抜きづらいです。

また、裏面のフィルムが結構しっかりついているので、かなり力を入れないと剥がれず、少々困ってしまいました。

それはさておき、粘着面が液晶にくっついたら目で見てわかりますので、ゆっくりと保護フィルム本体を傾けながら、気泡が入ったら再度持ち上げて貼り進めるとよいです。

また、自己吸着型のシリコンの場合、埃がついたらセロテープでとるという荒技もありましたが、今回やってみてうまくいきませんでした。

液晶保護フィルム側の粘着力が強いのかもしれません。

ある程度の硬さのあるガラス製のフィルムを利用する際には、液晶からしっかりと埃を取って、ゆっくり保護フィルムを傾けながら、徐々に貼り付けていくと成功率が上がります。

 

さらに、今回この記事を書いた理由の一つに、手持ちのBluetoothキーボードがどれだけ使えるか、という事の実験をしてみたかった、というのもあります。

マイクロソフト製のキーボードU6R-00022を持っていますが、長らく使わずに放置していたので、試しにペアリングして見ました。

Windows用のキーボードですので、iOSで使おうとすると若干の癖がありますが、高等なことをしようとしなければ特段の困らないかなと思います。

U6R-00022での操作例を挙げておきますので、よろしければ参考になさってください。

 

かな/英数変換  : Ctrl+スペース

@: shift+2

コロン : shift+セミコロン(;)

プラスマーク(+) : shift+へ

( : shift+9

) : shift+0

「 : @     shiftと一緒に使うと二重鉤括弧

」 : 「     shiftと一緒に使うと二重鉤括弧

 

という風に、微妙にオリジナルとずれているのが歯がゆい感じです。

 

NUCのススメ(2)

本記事はNUCの購入を検討していらっしゃる方向けです。

NUCというのはNext Unit of Computingの略で、Intelの提唱する小型コンピュータです。

 

私の場合、以下の想定で導入しました。

セカンドマシンとして使用。

・長時間起動が前提で、電気代をできるだけおさえたい。

・処理速度はそこまで早くなくてもよいが、ネットや動画鑑賞くらいは快適にしたい。

 

 

結果導入したのがNUC6CAYSです。

上記用途で使うのであれば最適な製品ではないかと思います。

ストレージをSSDにしているせいもあるかもしれませんが、起動も早いですし、全体的にサクサク動いてくれます。

また、本体が小さいため、モバイルモニタと組み合わせれば、PCを持ち歩くことだって可能です。(バッテリーは内蔵していないので、電源は必須です)

 

使ってみて気づいたことを何点か。

初期設定では、前面のLEDがかなり明るいです。

BIOS画面でかなり細かく明るさを調整できますので、気になる方はやってみてください。

私のモデルの場合、たまにティアリングと思われる現象が発生します。

(一瞬画面が左右にぶれる感じです)

使用しているモニタがやや特殊なため(Gechic社のモバイルモニタ)そのせいもあるかもしれません。

NUC+ティアリングで検索しても何もヒットしないので、全体で発生している現象ではないと思います。

ディスプレイ関係の設定で垂直同期のチェックを外すと改善することがあるようなので見てみましたが、設定できず、代わりにアプリケーション最適モードを「無効」に設定してみましたが、改善しませんでした。

ただし、前述のとおりサブ機としての利用ですので、そこまで気にはなりません。

 

上記のような目的で購入を検討されている方にはおすすめしたいモデルだと思います。

ですが、自分がハイスペック構成のモデルを購入するかどうか、と言われたらかなり躊躇するのではないかと思います。

理由としては、かなり小型であるため高負荷時の排熱にやや不安があるという点と、グラフィックボードが変更できないなどカスタマイズの幅が狭いためです。

最近はあまりはやらないのかもしれませんが、ハイスペックPCを買うなら、やはりそれなりのサイズのデスクトップが良いなと思いました。

NUCはその特徴ゆえに、かなり人を選ぶPCであることは間違いないです。

使用目的に合致して、価格がそれに見合うのであれば、是非とも購入を検討してみてください。

【松江】宍道湖温泉 てんてん手毬【島根】

『すいてんかく』に続き、松江しんじ湖温泉の一つ『てんてん手毬』にお邪魔してきました。

島根県東部の温泉地には多いと思いますが、こちらも源泉温度が高く、加水や循環、塩素消毒がなされています。

ですが、塩素に過敏反応する私でも、そこまで気にはなりませんでした。(ただ、

お湯を嗅いでみるとある程度の塩素臭はしますし、浴後の体に塩素臭が多少は残るので、全くしないというわけではありません。ですが、前述のとおり、塩素臭のない温泉宿は島根県東部で少ないですので、その中ではかなり良い方かと思います。)

 

ここが面白いのは、湯船の周りに畳が敷いてあるところです。

冗談のようで本当なんですよね。

二つある温泉の一つはピンク色の畳が、もう一つは黒い畳が敷かれています。

温泉には大きな檜ボールがはいっており(直径30cmくらい?)微かに檜の香りがするかな、と思うこともあります。

 

恐らく日帰り入浴はできないと思いますので(特別な日帰りプランを除く)、利用される際は宿泊されるときかなと思いますが、橋北へのアクセスは最高ですので、是非ともご利用くださいませ。

 

ここに書くことではないかと思いますが、島根県東部で塩素臭のない温泉を堪能したければ安来のさぎの湯荘がおすすめです。