くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

iPad Pro 10.5インチ レビュー

今回の記事の概要は…

iPad Proに液晶保護フィルムを貼ってみよう

Windows用のキーボードをペアリングして使ってみよう

 

手持ちのiPad airが壊れてしまったので、新しくiPad Proを購入してみました。

air自体に特段の不満は無かったのですが、iPad Proはスペックが上がっているだけあって、格段にサクサク使えるようになっているな、という印象です。

画面のスクロールも非常に滑らかですし、全体的にキビキビ動いてくれています。

まだ使い込んではいないため、詳細なレビューは後ほどさせていただきますが、まずは導入編ということで液晶保護フィルムについて書いておきたいと思います。

 

Anker GlassGuard iPad Pro 10.5インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム

 

今回使ってみたのは、モバイルバッテリーで有名なAnker社のものです。

自己吸着型のシリコンは貼りやすく好きなのですが、今回初めてガラス製のものにチャレンジしてみました。

取り扱い説明書は日本語とイラストである程度わかりやすくはなっていますが、例えばどちらが表面でどちらが裏面か、などといった根本的なことが書いていないので、少々困りました。

液晶に貼り付ける面には「BACK Adhesive sice」というシールが貼ってありますが、それ以上の説明が書いてないので、本当にこれが裏面で良いか、若干不安になってしまいました。(こちらが裏面でOKですが)

貼り付けたい位置に保護フィルムを置いて、剥がせるシールで固定をして、裏面のフィルムを剥がし、液晶面に貼り付けるというお馴染みの貼り方ですが、シリコンと違って硬いため、そのままパタンとかぶせてしまうと大量に気泡が入ります。

入った気泡はヘラで抜くことになっていますが、中央付近にできた気泡はヘラでは抜きづらいです。

また、裏面のフィルムが結構しっかりついているので、かなり力を入れないと剥がれず、少々困ってしまいました。

それはさておき、粘着面が液晶にくっついたら目で見てわかりますので、ゆっくりと保護フィルム本体を傾けながら、気泡が入ったら再度持ち上げて貼り進めるとよいです。

また、自己吸着型のシリコンの場合、埃がついたらセロテープでとるという荒技もありましたが、今回やってみてうまくいきませんでした。

液晶保護フィルム側の粘着力が強いのかもしれません。

ある程度の硬さのあるガラス製のフィルムを利用する際には、液晶からしっかりと埃を取って、ゆっくり保護フィルムを傾けながら、徐々に貼り付けていくと成功率が上がります。

 

さらに、今回この記事を書いた理由の一つに、手持ちのBluetoothキーボードがどれだけ使えるか、という事の実験をしてみたかった、というのもあります。

マイクロソフト製のキーボードU6R-00022を持っていますが、長らく使わずに放置していたので、試しにペアリングして見ました。

Windows用のキーボードですので、iOSで使おうとすると若干の癖がありますが、高等なことをしようとしなければ特段の困らないかなと思います。

U6R-00022での操作例を挙げておきますので、よろしければ参考になさってください。

 

かな/英数変換  : Ctrl+スペース

@: shift+2

コロン : shift+セミコロン(;)

プラスマーク(+) : shift+へ

( : shift+9

) : shift+0

「 : @     shiftと一緒に使うと二重鉤括弧

」 : 「     shiftと一緒に使うと二重鉤括弧

 

という風に、微妙にオリジナルとずれているのが歯がゆい感じです。

 

NUCのススメ(2)

本記事はNUCの購入を検討していらっしゃる方向けです。

NUCというのはNext Unit of Computingの略で、Intelの提唱する小型コンピュータです。

 

私の場合、以下の想定で導入しました。

セカンドマシンとして使用。

・長時間起動が前提で、電気代をできるだけおさえたい。

・処理速度はそこまで早くなくてもよいが、ネットや動画鑑賞くらいは快適にしたい。

 

 

結果導入したのがNUC6CAYSです。

上記用途で使うのであれば最適な製品ではないかと思います。

ストレージをSSDにしているせいもあるかもしれませんが、起動も早いですし、全体的にサクサク動いてくれます。

また、本体が小さいため、モバイルモニタと組み合わせれば、PCを持ち歩くことだって可能です。(バッテリーは内蔵していないので、電源は必須です)

 

使ってみて気づいたことを何点か。

初期設定では、前面のLEDがかなり明るいです。

BIOS画面でかなり細かく明るさを調整できますので、気になる方はやってみてください。

私のモデルの場合、たまにティアリングと思われる現象が発生します。

(一瞬画面が左右にぶれる感じです)

使用しているモニタがやや特殊なため(Gechic社のモバイルモニタ)そのせいもあるかもしれません。

NUC+ティアリングで検索しても何もヒットしないので、全体で発生している現象ではないと思います。

ディスプレイ関係の設定で垂直同期のチェックを外すと改善することがあるようなので見てみましたが、設定できず、代わりにアプリケーション最適モードを「無効」に設定してみましたが、改善しませんでした。

ただし、前述のとおりサブ機としての利用ですので、そこまで気にはなりません。

 

上記のような目的で購入を検討されている方にはおすすめしたいモデルだと思います。

ですが、自分がハイスペック構成のモデルを購入するかどうか、と言われたらかなり躊躇するのではないかと思います。

理由としては、かなり小型であるため高負荷時の排熱にやや不安があるという点と、グラフィックボードが変更できないなどカスタマイズの幅が狭いためです。

最近はあまりはやらないのかもしれませんが、ハイスペックPCを買うなら、やはりそれなりのサイズのデスクトップが良いなと思いました。

NUCはその特徴ゆえに、かなり人を選ぶPCであることは間違いないです。

使用目的に合致して、価格がそれに見合うのであれば、是非とも購入を検討してみてください。

【松江】宍道湖温泉 てんてん手毬【島根】

『すいてんかく』に続き、松江しんじ湖温泉の一つ『てんてん手毬』にお邪魔してきました。

島根県東部の温泉地には多いと思いますが、こちらも源泉温度が高く、加水や循環、塩素消毒がなされています。

ですが、塩素に過敏反応する私でも、そこまで気にはなりませんでした。(ただ、

お湯を嗅いでみるとある程度の塩素臭はしますし、浴後の体に塩素臭が多少は残るので、全くしないというわけではありません。ですが、前述のとおり、塩素臭のない温泉宿は島根県東部で少ないですので、その中ではかなり良い方かと思います。)

 

ここが面白いのは、湯船の周りに畳が敷いてあるところです。

冗談のようで本当なんですよね。

二つある温泉の一つはピンク色の畳が、もう一つは黒い畳が敷かれています。

温泉には大きな檜ボールがはいっており(直径30cmくらい?)微かに檜の香りがするかな、と思うこともあります。

 

恐らく日帰り入浴はできないと思いますので(特別な日帰りプランを除く)、利用される際は宿泊されるときかなと思いますが、橋北へのアクセスは最高ですので、是非ともご利用くださいませ。

 

ここに書くことではないかと思いますが、島根県東部で塩素臭のない温泉を堪能したければ安来のさぎの湯荘がおすすめです。

NUCのススメ

NUCというのは、Next Unit of Computingの略で、Intelが提唱している超小型コンピュータのことです。

需要があるのかないのか解らないニッチ市場な気もしますが、ニーズがマッチしたらこの上ない製品かなと思います。

 

NUCに向いている人は、低スペックでもよいので、比較的低価格で、電気代を抑えて使いたい人だと思います。

スペックを要求するのであれば、もっと別の選び方があるのではないかと思います。

我が家の場合、引っ越しを機にネットワーク環境が大きく変わりました。

現在二系統のネットワークを利用していて、一つはADSL、もう一つはモバイルWi-Fiルーター(LTE)です。

光が使えないエリアですので、上記構成が最善かと思います。

LTEの方は容量制限があるため、大容量のデータは基本的にはADSLで落とします。

しかし、たかだかデータのダウンロードでデスクトップを動かすのも気が引けるため、NUCを導入してみました。

モデルはNUC6CAYSです。

Core iモデルとも迷いましたが、高負荷処理をするわけではないため、省電力性を重視しました。

結果としては大成功だったように思います。

電気代は月数百円で快適に使えます。(ただし、ある程度の処理速度を確保するため、メモリは8GB、ストレージはSSDにしました)

 

通常のネット閲覧、動画鑑賞、データのダウンロードに関しては、まったくもって問題ありません。

LTEの方はイーサネットコンバーターに繋いでWifi化して、家じゅうどの部屋からでもアクセスできるようにしているため、ダウンロードなどでこのネットワークに負荷をかけると、youtubeamazonプライムなどの動画閲覧などに影響があります。

ですので、負荷のできるダウンロードは全てADSLに任せるようにしました。

 

このような環境にある人はごくごく一部だと思いますが、負荷のかからない処理をして、電気代を抑えたくて、なおかつ本体料金を抑えたい場合にはお勧めのモデルかと思います。

 

モニタはGechicのOn-lap15-3Iを使っていますが、たまに画面がぶれることがあります。

(画面下部が左右にぶれる)

ただし、住宅事情を鑑みて特殊な配線にしているということ、HDMIリピータをかませていることを考えると、当方の配線方法や使用している機器・ケーブルに起因する可能性は大いにあります。

HDMIセレクターは必要か

複数の機器をご利用の場合、HDMIセレクターは便利だと思います。

実際、DVDやBlu-rayプレイヤーなどのAV機器や各種ゲーム機の場合、比較的評価の高いHDMIセレクターを使えば問題が起こる可能性は低いかと思います。

ただし、複数のPCをお持ちで、セレクターでディスプレイへの出力を切り替えている場合、意外とトラブルが発生する場合があります。

私の場合、切り替えボタンを押しても機器が切り替わらないトラブルに多数見舞われました。

 

セレクターでの解決を図るならば、単にセレクターを変えたり、AC電源アダプター無しタイプを使っているなら、有りタイプに切り替えるなどの対応で解決する場合があります。

私の場合、それで一時期は解決しておりましたが、最近別の機器を繋ぎ始めてから正常の切り替わらないようになりました。

原因は不明ですし、新たに追加した機器に原因がある可能性が高いように思いますが、手持ちの機材を使って改善したため、HDMIセレクターに頼らない方法をご紹介したいと思います。

 

f:id:arumajirocket:20170709083331j:plain

HDMIリピーターというものがありますが(HDMI中継アダプタでもよいです)、これを使って物理的に切り替えれば、基本的に問題は発生しないと思います。

 

写真に色々なケーブル映っていますが、以下のような機器を使用しています。

 

ディスプレイ:Gechic Onlap-1503I

PC:Mac mini 2012 late & Intel NUC(Intel NUCをタッチパネルで利用するため、USBケーブルを使っています。もう一本のUSBはディスプレイの電源用です。)

 

手前に見えているHDMIケーブルが、使っていないPC用の映像ケーブルですので、PCを切り替えたい時には、アナログで繋ぎかえればOKです。

私の場合、リビングで家具調こたつの上にモバイルディスプレイ(On-lap1503I)を置いてパソコンを使っています。

 

PCデスク上にディスプレイを置いて、というやり方もありますが、必ずしもPC用のデスクを確保できる環境とは限りませんし、テレビを見ながらPCをしたいけど、ノートPCは使えない、という環境も考えられますので、そういう方の場合はOn-lap1503Iは有効な選択肢の一つかと思います。

NHKの怪

つい最近引っ越しをしたので、NHKの移転手続きもネットで行いました。

そうしたら本日NHKの方がいらっしゃって、その方が仰るには、この地域はケーブルテレビを使えばNHKの衛星放送が入るため、その場合は契約内容を変えていただかなければなりません、との事。

 

以前の記事を見ていただければ解ると思いますが、光インターネットすら使えない地域です。

NHKの仰るケーブルテレビとやらも、引っ越し時に問い合わせたら、対応住宅ではないので、と断られました。

引っ越し当時、かなりのデジタルディバイドにショックを受け、ずいぶん落ち込みましたが、正規の手続きを踏んだはずのNHKにまで傷口に塩を塗りたくられるとは思いませんでした。

 

担当の方には、ケーブルテレビが使えない旨を伝え、外から見ていただいてパラボナアンテナも設置されていませんし、疑うならば訴えないので中に入って好きなだけ調べても良い旨をお伝えしたところ、大変恐縮されて帰って行かれました。

本当に衛星放送が映るなら何でもするのですが・・・残念ながら、私の現住所では、地上波すらたまに映らないことすらあります。(近くに山があり、電波が不安定になるようです)

 

NHK関連の法令が制定された時代と今では大きく情報に関わる環境も変わっています。

当時は何かあればNHKで情報を得る、という公益性の側面もあったかもしれませんが、ネット全盛期の今、それが成立するとは必ずしも言えない気がします。

今こそNHKのあり方について再検討し、契約していない家庭にはスクランブルをかけるなど、やり方があるのではないかと思います。

 

外回りをしていらっしゃる方は 非正規職員の方でしょうから、正直ご同情申し上げますが、正しく契約している人まで疑い、お金を取ろうとするNHKの姿勢には疑念を抱かざるを得ません。

そこまで公共性の高い放送内容を確保し、経費に関しても、正当な説明ができるような使い方をしているのかと問いたいです。

 

NHKの方針ができる日を、切に希望します。

NHKの受信料を払わなくてもすむなら、NHKを見ないという人たちがNHK受信料を払わずにすむ日が来ますように。

そうでないなら、NHK受信料を払っている人たちが「受信料を払って良かった」と思える努力を、NHKはすべきです。

斐乃上荘 旧館編

先日も記事で紹介しましたが、奥出雲町にある斐乃上荘は大変オススメな温泉です。

見た感じ無色透明なお湯はよくある島根の温泉ですが、入った瞬間に体にまとわりついてくるヌルヌルとしたお湯は超個性的なのです。

これはお湯の高いpH値のお陰なのですが、同じく高pHを売りにする湯原温泉などでも、(私が行った限りでは)ここまでヌルヌルする温泉は多くはないと思います。

競合できるとすれば真賀温泉館ぐらいでしょうか。

奥出雲町には他に幾つか温泉施設があり、高PHを売りにする施設はあるものの、ここまでヌルヌルはしていません。

 

そんな斐乃上荘ですが、月に2回以上、普段利用できない旧館の温泉が利用できることがあります。

そのうちの一回が各月3週目の日曜日です。(それ以外は聞いたけれど忘れてしまいました(^^;)

今後変更になる場合もありますので、旧館の温泉目当ての方は、事前に確認される事をお勧めします。(最低月に2回はあるはずです)

これは夕方18時まで限定で、普段は一般公開していない旧館の温泉が利用できるというものです。

 

この度初めて旧館の温泉(岩風呂)にお邪魔しました。

新館と同じく内湯ですが、大きさは二分の一〜三分の一程度でしょうか。

特徴的なのは、新たにドバドバお湯が投入され、かなりオーバーフローしているという点です。

旧館の成分表には「加温・塩素消毒・循環」とは書いてありますが、結構派手にオーバーフローしたお湯は、体を体を洗った際のお湯(シャンプー・ボディーソープの泡が一緒に流れていく)が排出される排水口に合流していますので、オーバーフロー分が循環しているとは考えにくい気がします。(ただし、これは完全に私の憶測ですので、実際とは違う場合があります)

浴槽内に循環用のパイプが有るのかもしれませんが、それにしても塩素感・循環感ともに皆無です。

ワタシ的には源泉かけ流し温泉のような感覚で楽しませていただきました。

(とは言え、成分表に源泉かけ流しという内容は記載されていませんので、源泉かけ流ししか嫌だ、という方は自己責任でお願いします。)

 

たまたまかもしれませんが、新館ではお湯の投入口に触れてみると、熱いお湯と冷たい水が同時に出ていましたが、今回旧館では熱いお湯しか出ていませんでした。

よって気持ち熱めのお湯でしたが、新鮮なお湯が楽しめたような気がします。

 

基本的には、私は源泉かけ流し温泉でないと満足できないタイプです。

前述の通り(公称の通り)、斐乃上荘は一部循環を併用されているようですが、それを全く感じさせない良いお湯です。

源泉かけ流しマニアの方も、是非とも訪れて欲しい温泉の一つです。

 

加えて、温泉の口コミを見ると、実際の浴感や塩素感とは矛盾したものも多数あります。

奥出雲町内で塩素の匂いを感じない順番で並べると

斐乃上荘=佐白温泉長者の湯>亀嵩温泉です。

亀嵩温泉の口コミ点数はかなり高いですし、私も気に入ってはいますが、塩素感は否定できません。

ヌルヌル感は斐乃上荘>佐白温泉長者の湯>>>>>>亀嵩温泉です。

ただし、この中でサウナがあるのは亀嵩温泉だけです。

 

雲南市と奥出雲町は温泉の宝庫ですので、地元の方のみならず、旅行された際には是非ご利用ください。

前述の通りにごり湯は多くはありませんが(ですが、良いにごり湯も多数ありますので、当ブログの紹介を御覧ください)

 

正直なところ、斐乃上荘は夫婦で気に入りすぎているため、あまり宣伝したくはない温泉です。(利用者が多くなれば快適には利用できないでしょうから)

ですが、このブログをご覧になっていらっしゃる方もそんなに多くはないと思いますので、一番のオススメとして紹介させていただきます。

 

にごり湯がお好きな方は、出雲市なら「らんぷの湯」、雲南市ならば「まめなかセンター(塩ヶ平温泉)」、温泉津町ならば「温泉津温泉」、三瓶町ならば「国民宿舎さんべ荘」をお勧めします。

私は島根県の西部出身者ですが、純粋に島根県西部に住んでいたことがありませんので、西武の情報には若干弱いところがあります。

紹介した以外に素晴らしいオススメ温泉があるかもしれませんが、ご容赦ください。