くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

ハウスダスト対策をしよう!

奥さんがハウスダストアレルギーだということがわかったため、色々とハウスダスト対策をしてみました。

同じような境遇の方の参考になればと、私が試してみたことをご紹介したいと思います。

 

1.ダニの有無を調べよう

ダニ検査用マイティチェッカー 2テスト入り 文部科学省「学校環境衛生基準」準拠商品・ダニアレルゲン測定キット

ダニ検査用マイティチェッカーです。

Amazonで3000円ちょいでした。

中に袋状の不織紙が入っているので、それを掃除機のノズルに取り付け、調べたいところを吸引します。

その後、不織紙を付属の薬液に浸して揉み込み、その薬液に試験紙をつけます。

トリセツを見ると面倒そうですが、やってみると意外と簡単です。

検査結果はバッチリ「ダニ反応有り」でした(^^;

 

2.布団乾燥機

三菱電機 フトンクリニック ふとん乾燥機 ダークブラウン AD-X80-T

前々から布団乾燥機を買いたいとは思っていましたが、今回の一件で購入することにしました。

様々な機種がありますが、布団にホースを突っ込むタイプだと、場合によって全体が均一に加熱されない可能性があるため(断言はできませんが)、面倒ですがターゲットの布団を袋で包んで加熱するタイプの布団乾燥機にしました。

三菱のAD-X80という機種で、実際に使ってみて布団全体が均一に加熱されます。

ぬいぐるみや枕に使える袋も入っています。

この時期は生きたダニというよりも、ダニの死骸がアレルゲンになるとは思いますが、アレルギーが有る方はこちらの布団乾燥機は一度試してみる価値アリだと思います。

(布団全体を均一に加熱してくれるため)

 

3.布団クリーナー

シャープ サイクロン ふとん掃除機 プラズマクラスター搭載 ホワイト EC-HX150-W

布団乾燥機は生きたダニを殺すためのものですが、こちらは生きたダニのみならずダニの死骸を含めて吸引してくれるすぐれものです。

ダイソンのマットレス用掃除機と迷いましたが、こちらのモデルはヒーターが付いていて、熱で生きたダニを布団の繊維から剥がして吸い込む機能が気に入り、こちらにしました。

もちろんダニの死骸も吸い取ってくれます。

欠点としては、サイクロンのモデルに多いですが、ごみ捨てが面倒という点です。

ダイソンのモデルはごみ捨てをするときに埃が舞い上がらない工夫がされていますが、こちらのモデルは透明なカップの蓋を外して、ゴミ箱に捨てるようになりますので、どうしてもホコリが舞い上がってしまいます。

(袋を被せて振れば良いかもしれませんが、小さな埃が残ります)

ただ、それを含めて全体的な満足度は高いモデルです。

 

4.掃除機

パナソニック Jコンセプト 紙パック式掃除機 ハウスダスト発見センサー搭載 ホワイト MC-JP520G-W

 

掃除機自体がダニ対策になるかどうかは疑問なところですが、つかているモデルが12年を過ぎて吸引力が落ちてきたため、買い換えることにしました。

掃除機を探していて、各社とも力の入ったモデルはサイクロンな気はしましたが、排気がきれいな機種を重視して紙パックモデルにしました。

(サイクロンモデルでも排気が綺麗であることを謳っているものはありますが、吸引力と上記サイクロン布団掃除機のごみ捨てが面倒な点を考慮して、紙パックモデルにしました。)

ただ、紙パックモデルも大別して二種類あり、なかなか悩ましいところです。

一つは、本モデルのように軽くて若干吸引力が落ちるモデル(仕事率370)と、仕事率は600を超えるが重たいモデルです。

最終的に、主に掃除機を使うのが奥さんであるため、軽いモデルにすることにしました。

このモデルで良いと思ったのは、ハウスダストセンサーがついているため、どの程度掃除機をかければよいかが分かるということです。

一度かけたところでも、再度かけ直したらハウスダストセンサーが反応するケースがあるようですが、製造元いわく、掃除中に舞ったハウスダストが着地しただけで、量はそこまで多くはないので神経質に反応しなくて良いとのこと。

前に使っている掃除機に比べて吸引力は減りましたが、センサーによって埃が取れているかどうか判断できるため、特段不便を感じることはありません。

 

購入に際して、最後まで迷ったのは日立のサイクロンモデルと、三菱の紙パックモデルでした。

日立のモデルは、ゴミ捨て時の埃舞い上がりについて対策されていたため買いかけましたが、耐久性についてネットの口コミでは複数の疑義が上がっていたため見送りました。(実際に使ったわけではないので、故障率については解りません)

三菱のモデルは安くて良さそうでしたが、総合的に判断してPanasonicの当モデルのほうが性能が上だと判断して購入しました。

 

実際に使ってみて、掃除機のホース内をハウスダストが通過したらランプが点灯するため、それが消灯するまでかければよいということが分かり、大変便利でした。

また、大変軽いため使いやすく、場所によって本体を手に持って使うことが出来ますし、ある程度狭い場所までヘッドが入りますので、大変使いやすいです。

Panasonicは紙パックモデルも大変充実しており、つい最近も最新モデルが出るところですが、新モデルに慣ればなるほど、当然価格が高騰しますので、どれを買うか迷うところです。

仕事率が600台の紙パックモデルが11月に出るはずですが、まだ価格がこなれていないため、買うかどうか迷うところです。

 

以上、我が家で行ったハウスダスト対策です。

奥さんの体調も落ち着いてきたので、一応行った価値はあるかとは思っていますが、客観的に判断できる数字は提示できませんので、実際に試されるかどうかは閲覧者様の感覚におまかせします。

 

 

病院に行ってもなかなか治らない時にすべきこと。

一ヶ月前くらいから妻の咳が止まらず、近所の病院に行きました。

ウイルス性の何かではないかと漢方薬を処方されましたが、症状は改善せず。

その後、呼吸器内科で検査してもらったところ、アレルギーがあることがわかりました。

断定はできないものの、咳喘息である可能性が高いのではないか、ということでお薬をいただきました。

しかし症状が改善せず、ネットでいろいろ調べてみたところ、咳喘息と誤診しやすい病気の一つに逆流性食道炎があるとのこと。

よくよく考えてみると、6年前に逆流性食道炎の診断を受け、治療をしていただいたことがありました。

その後、消化器科の病院を受診して内視鏡検査を受けたところ、初期の逆流性食道炎との診断を受け、治療を開始しました。

まだ咳の症状自体全快していないため、アレルギーが原因か食道炎が原因かは解りませんが、何点かわかったことがあります。

 

(1)お薬手帳は活用すべき

お薬を出していただいた際には、必ず頂いた処方薬のシールをお薬手帳に貼り、診断名を書いておきましょう。

また、お薬手帳にはアレルギーの有無や既往症などについて書く欄もあると思いますので、必ず書いておきましょう。

お医者さんは診察と問診、検査で得たデータから総合的に診断されますが、患者側が適切な情報を提供しなければいつまでも病名が解らないかもしれません。

少なくとも、今回最初の病院で逆流性食道炎の既往症があることを告げていれば、診断も変わっていたかもしれません。

その他、症状についてもできるだけ詳しく説明したほうが良いですので、ネットの口コミサイトなどで話をしっかり聞いていただける病院を探すと良いかと思います。

 

(2)現在の症状について、ネットなどで調べてみる

ネットの情報を鵜呑みにして自分があんな病気ではないか、こんな病気ではないかと考え、不安になるのはよくないことです。

こういった素人判断が最悪の結果を招くことも少なくありません。

ただし、最適な診療科を判断する過程において、自分の症状と考えられる病名を結びつけておく作業は、場合によって参考になることがあります。

今回の場合、内視鏡の検査を受けることのできる病院は限られると思いますので、その検査が必要な可能性がある場合、最初からその診療科に行ったほうが良いですよね。

自分で病名を決めるためではなく、現在の症状に対しての診断が得意な病院・診療科を探す手助けにするにはネットはよいツールだと思います。

 

(3)長期間改善が見られない場合はセカンドサードオピニオンを

現在の治療があっていない場合は病院を変えてみましょう。

その際、必ず新しい病院では現在どんな診断を受け、どのような薬を服用しているかを告げてください。

二つの病院で異なる薬を処方され、結果飲み合わせに問題がある場合、健康被害につながる可能性があります。

また、今までの病歴を伝える際には、上記のお薬手帳などが役立つと思います。

 

通院しているものの全快できず困っていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

【ネタばれ無し】IT それを見たら終わり 新旧比較レビュー

前々から気になっていたリメイク版ITを見てきました。

原作は未読、1990年のドラマ版IT視聴済みです。

 

1990年版と2017年版の作りは全く違いますので、それぞれに見て楽しめるのではないかなと思います。

 

2017年版"IT それを見たら終わり"の場合、突然の大きな音や画面の切り替えで怖がらせるタイプの映画です。

観客はお化け屋敷の中にいるような感覚で映画を楽しめます。

視覚と音響に重きを置いているため、ストーリーや心理描写はやや軽め、残酷描写は強め、驚かすときの音がかなり大きめ、といった感じです。

 

1990年版ITの場合、良くも悪くも心理描写やストーリーを丁寧に描いており、残酷・ホラー描写は多くはありませんので、人によってはかなり退屈に感じてしまうことがあるかもしれません。

イメージとしてはホラー版スタンドバイミーです。

私的には非常に大好きな作品で、音楽と映像の一体感も素晴らしく、一人一人の心理描写も非常に丁寧だと思っていますが、同時に万人受けする作品ではないなとも思っています。

 

2017年ITは劇場で、1990年版ITはamazonビデオなどのストリーミング配信やレンタルDVDで楽しめます。

プロジェクターの音をアンプから出す方法

低価格帯のプロジェクターの場合、本体に音声出力やBluetoothが搭載されていないモデルも多いと思います。

そういった場合、プロジェクターに接続している機器からアンプに直接接続するというのも一つの手ですが、環境によってはそれが難しい場合もあるかと思います。

 

今回やりたいこと!

1.プロジェクターに繫ぎたい機器は3つ。ラックに設置しているため、いちいちケーブルを繋ぎ変えるのは避けたい。

2.PS4はテレビでもプロジェクターでも楽しみたい。

3.機器の切り替えはできるだけ自動が良い。

 

という何ともワガママな要望を叶えるのに少々手こずりました。

まずは準備したものをご紹介します。

 

1.HDMIセレクタ

 

ミヨシ MCO 3in 1out HDMIセレクター HDS-3P ブラック

ミヨシ MCO 3in 1out HDMIセレクター HDS-3P ブラック

 

 ミヨシ製HDMIセレクターでよいのは、電源アダプタなしで使える点です。

HDMI給電のため、機器によって相性問題は発生する可能性はありますが、PS4DENON製ブルーレイプレイヤーなどを繋いでみて、現在ノートラブルです。

 

2.HDMIスプリッター

 

 私が購入したときは2400円程度でしたので、著しく高ければ他機種をお勧めします。

こちらもノートラブルで使えています。

 

3.HDMIオーディオ分離器

 

 実はこれが一番高かったのですが、やっぱり国内メーカー品が良いかなと思い、ラトック製にしました。

右端に黒いボタンが2つありますが、一つは電源、一つは出力モードの切り替えスイッチです。

出力モードは以下の3パターンですので、購入されるなら用途に合っているかどうか確認ください。

 

1.分離せずにそのまま出力。

要はHDMI中継器的な使い方です。

 

2.音声はRCAオーディオケーブルから出力、映像のみHDMIから出力。

基本このモードで使っています。

 

3.音声を光デジタルで出力、映像のみHDMIから出力。

 

これらの機器を使い、以下のように配線しました。

もっと良いやり方があれば、ぜひ教えてください。

f:id:arumajirocket:20171003193242p:plain

今後、プロジェクターとテレビの切り替えはスプリッターを使う予定です。

配線がスッキリさせて電気代を節約しよう

我が家にはテレビ周りにたくさんの機器を取り付けていますが、よくよく考えてみると機器の使用頻度にはかなりの差があります。

使用していなくても、コンセントに差しているだけで待機電力等が発生しているので、考えてみると勿体ない話ですね。

そこで、思い切ってテレビ周りの配線を整理することにしてみました。

 

まずは今回使ったモノから。

パナソニック(Panasonic)?OAタップ(接地15A抜け止め形)(6コ WCH2436H

パナソニック(Panasonic)?ザ・タップX(安全設計扉・パッキン付) WHA25144WP

上記2タイプのタップを使用しました。(メーカーと仕様は若干異なります)

2種類のタップを準備した理由は、機器によって『常時通電』が必要な機器と、『使う時だけ通電』されたら良いものがあるからです。

 

【常時通電にした機器】

テレビ,テレビ録画用HDD,LANハブ,パソコン,DVDプレイヤー,ブルートゥーススピーカー,nasnePS4

常に電源を入れておくものと、家族の使用頻度が高くいちいち電源のオンオフを強いるのは申し訳ないものはこのカテゴリにしました。

 

【スイッチ付きタップに繫いだ機器】

アンプ,CDプレイヤー,HDMIスプリッター,HDMI音声分離機,PS3XBOX

特にHDMIスプリッターとHDMI音声分離機はプロジェクターでゲームや映画を楽しむときに使っていますが、電源スイッチがついていないものもあるため、タップで管理しています。

 

BUFFALO ケーブルボックス 電源タップ&ケーブル収容 Lサイズ ホワイト BSTB01LWH

ケーブルボックスも活用しました。

実際の設置位置はテレビ台やオーディオラックの裏側なのですが、これがあるのとないのとだと、ケーブルの整い具合がかなり違います。

ただし注意してほしいのは、ケーブルを過度に締め付けないようにするということ。

外部からのストレスが強く働くと、発熱や火災の原因になります。

【60本セット】iXCC 強力 マジック テープ 面ファスナー 収納バンド 結束バンド ベルクロ テープ ケーブル/コード等収納【15cm*60本、2色】

 

 

 

こちら、amazonで1000円切るぐらいで60本入りのものが手に入りますが、なかなか使い勝手が良いです。

今回ケーブルボックスを大小あわせて2個使いましたが、ケーブルの交通整理に一役買ってくれました。

Fargo USB ほこり防止シャッター付 電源タップ AC6個口 PT600WH

実はすごく役立っているのが、この回転式電源タップです。

電源プラグを指す箇所が回転するのですが、テレビ台の下にある微妙なスペースに置いて活用しております。

設置場所によって、柔軟に対応できるタップなので非常にお勧めです。

 

実はこの配線をするのに、半日以上かかってしまいましたが、仕上がりには満足しています。

ある程度使用機器がそろった環境であれば、配線を工夫して見苦しくなくしたり、電気代を節約したりすることができますので、お勧めします。

ホームプロジェクターのススメ!

仕事で必要になったため、EPSONのプロジェクターを購入しました。

前々からプロジェクターには興味がありましたし、自腹で買ったので職場に置きっぱなしにするのは勿体ないと思い家庭で使ってみたところ、コレが意外といけるんです。

今回はビジネス&ホームユースを想定して、プロジェクターの使用例をご紹介したいと思います。

 

今回購入したのは、EPSONの新機種EB-W05です。

 

EPSON プロジェクター EB-W05 3300lm 15000:1 WXGA 2.5kg 無線LAN対応(オプション)

ホームユースであれば、明るさ(ルーメン)はある程度抑え気味で解像度重視でよいと思いますが、私の場合メインがビジネスユースで、それなりに明るい部屋でクッキリ映り、価格もある程度抑え気味のものを探していました。

また、セットアップに時間がかからない(設置が簡単なのはもちろんのこと、使用後短時間で片付けが可能であることも重視しました)機種を探したところ、EPSONのダイレクトシャットダウン対応機種が候補にあがりました。

EB-S05など、4万円前後の機種に心が傾いていましたが、結局、気持ち解像度の高い最新機種のEB-W05を購入しました。

 

今回は、EB-W05を家庭で楽しむためにすべきことを中心に書いていきたいと思います。

 

【投影場所】

公式サイトにもある通り、壁に投影するというのも一つの手です。

現在の住宅は古い木造で、壁が薄緑の土壁ですが、そこそこきれいに映ります。

ただ、家具等の配置の関係で、壁投射が必ずしもベストな環境ではないため、スクリーンの購入を検討しました。

 

スクリーンの種類・価格帯もさまざまあります。

安くあげたいのであれば、サイズに関係なくamazonなどで数千円で手に入ります。

多くはスクリーンの外周に固定用の穴が開いていますので、うまいことやれば安く設置可能です。

 

 

使ったことがないので、絶対に使えるとお約束はしかねますが、このようなものを鴨居にはめて使えそうです。

かなりコチラに気持ちが傾きましたが、我が家の場合、2部屋で使う可能性があるということ、両方共で上記フックが使えないという点を考慮して、三脚型のスクリーンを検討しました。

しかし、サイズが大きくなると2脚の三脚が必要ということと、設置に場所が必要(三脚という名前の通り、三角形の底辺でスクリーンを支えますので、意外と接地面が広くないと使えません)だということで見送りました。

最終的に選んだのは、自立式のモバイルプロジェクターです。

職場にもありますが、重くて倦厭しておりました。

しかし、最新式を選べば、そこそこ軽いものが手に入ります。

 

 

泉 VSシリーズ 80ワイド型(16:10)支柱式フロアタイプモバイルスクリーン VS-80V VS-80V

 私は仕事で使っている関係上、泉のAS-80V(上記写真とは違います)を購入しましたが、探してみるとホームユースで有名な別のメーカーも見つけられると思います。

サイズによっては当然横幅は取りますが、縦幅は三脚ほど場所を取りませんので、設置場所がそんなに広くない、あるいは焦点距離を確保しづらい場合はおすすめです。

私の場合、価格&品質のバランスを考慮しつつ選んだところ、16:10のスクリーンを選んでしまい、到着するまで公開していましたが(映画を見るのであれば16:9が良いと思います)パソコンを投影することを考えると、これもありかと思いました。

 

【セッティング】

私の場合、パソコンを使って動画やYoutubeを再生したり、DVDプレイヤーで映画を見たり、というのが主な用途です。

昔のプロジェクターの場合、パソコンとつないでも認識するまで時間がかかったり、なかなか映像が出なかったりもしますが、この機種の場合は何と繫いでもすぐに映像が出ます。

HDMIセレクターをかませてもノープロブレムです。

投影準備ができるまでの時間も短いですし、片付けもあっという間に終わるので、大変助かりました。

仕事ではほぼタブレットタイプのWIndowsPCのmicroHDMI出力を使っていますが、こちらもノートラブルです。

 

【その他】

気を付けてほしいのは音です。

2Wのスピーカーを搭載していますので、ボリュームもそこそこありますし、音質も『この手のものとしては』悪くないと思います。

ただし、音質重視の方が満足できるほどのものではないため、そうなったら外部スピーカーなどに繫ぐ必要があります。

そうなった場合に困るのは、プロジェクターに音声出力がついていないということです。

元の機器に音声出力がついていれば直接スピーカーやアンプに繋げられますが、そうでなければ、HDMIから音声を分離して出力する機器が別途必要になります。

 

 

 

上記モデルは例ですので、実際に当方が試したわけではありません。

 

【その他2】

当方の場合、狭い部屋にプロジェクターを設置する関係上、プロジェクターを置く机を常設することはできません。

私の場合、折り畳みの机を使うことで、問題を解決しました。

 

 現在コチラを使っていますが、大きすぎず小さすぎず、折り畳みでき、使わないときにはベッドの下に収納しています。

 

プロジェクターは消費電力も多いため、そんなにしょっちゅう使うことはできませんが、使うと感動すること間違いなしです。

是非使ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HDDの突然死にご用心

HDDというのは奇妙なもので、何年も異常なく使えることもあれば、購入直後に突然死を迎えることもあります。

工業製品である以上、不良品が発生するのはやむを得ない部分もありますし、HDDの構造上突然壊れても仕方がないのは理屈では解るのですが、当然のことながら壊れると困って今います。

 

私自身、「どうせ壊れないだろう」と高をくくって、NAS上でWesternDigiral REDをRAID0で運用していたところ、そのうちの1機が突然死をしてしまいました。

ちょうど私が出張中の出来事で、妻から「機械(SynologyのNAS)から変な音(エラーを知らせるビープ音)がするがどうすればよいか」とメールが来て、自分のパソコンメールも確認してみたら確かにNASからエラーを通知するメールが届いていました。

 

結果、SynologyのNASに搭載した内蔵HDD(WD RED)の障害でしたが、今回幸いだったのは、何度かSynology NASを再起動したのちに、何とかデータにアクセスできた点です。(一度の再起動ではダメでした)

目に見えない部分でのデータ破損は覚悟しないといけませんが、HDDがクラッシュした場合、あきらめずに何度か再起動を繰り返すことにより、内部データへのアクセスができる場合があることが今回わかりました。

現在別のNAS(通常運用していないものを引っ張り出してきました)へのバックアップを実施しています。

 

今回の障害の場合、事前にS.M.A.R.T情報での異常は検知されませんでした。

文字通り突然死ですが、こういうことはHDDではままあるのではないかと思います。

 

何故かはわかりませんが、経験上、NASに外部ストレージを接続するよりも、LAN経由で別のNASへバックアップを取ったほうが速度的に有利かと思います。

USB3.0ポートが搭載されていても、思うような速度が出なかったことが大半です。

(私の環境が悪かったのかもしれませんが、使っているPCのスペック如何に関わらず遅いです)

 

したがって、突然のHDDクラッシュに見舞われても、慌てず何度か再起動を繰り返したのちにアクセスできるようになる『可能性』はありますので、冷静に対処しましょう。

f:id:arumajirocket:20170830201245g:plain

この画像のとおり、HDDの障害は解消していませんので、継続使用はできないかと思います。

 

また、別記事にも書きましたが、HDDの3年保証があったとしても、WDの場合はリファービッシュ品(再生品)との交換になりますので、バックアップ用とであればまだしも、交換品をメインのHDDとして運用するのは気が引けます。

 

今回の事象で学んだこととしては…

1. RAID0で運用するなら必ず外部バックアップを取るべし

2. 冗長性が欲しいならRAID1以降で組むべし

 

個人的な意見ですが、業務用ではなく個人用のデータであれば、内蔵・外付けのHDDにバックアップをとっておいて、RAID0で運用するのが一番コストパフォーマンスに優れるかなと思います。

NASは24時間電源が入っていますので、HDDの素性もそれなりにもとめられます。

ただ、バックアップデータであれば、多少ランクの落ちるHDDでもよいと思いますので、使い分ければよいと思います。

また、外付けHDDなどもたまに激安でありますので、使ってみるのも一つの手です。