くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

外出自粛中の過ごし方

緊急事態宣言が全国に出ていますが、仕事以外の外出率が思ったほど減っていない地域もあるようです。

(仕事に関しては本人の意思というよりも会社の意向がありますので、何とも言い難いところがあります)

テレビを見ていると、ジョギングをしたり海に出かけて行ったりなど、体を動かすために不要不急の外出をしている方がまだまだいらっしゃるようです。

 

そういった方にお勧めなのが、以前についつい買ってしまったはいいけれど、イマイチ活用できていない健康器具を使うという事。

我が家にも様々なセール中に安く仕入れた健康器具がたくさん眠っていました。

ショップジャパン 【公式】 スクワットマジック [メーカー1年保証付] 脚部 臀部 トレーニング SQM-NXAM

ショップジャパン 【公式】 健康ステッパー ナイスデイ レッド [メーカー保証1年] 踏み台 運動 室内 エクササイズ 有酸素運動

ショップジャパン 【公式】 アブクラッシャー 腹筋マシーン 筋トレ ダイエット器具

家にあるものはほぼすべてショップジャパン製品ですが(笑)、スクワットマジックとアブクラッシャー(最初と最後の写真のもの)はamazonのタイムセールで安く手に入り、真ん中のナイスデイ・ステッパーは近所のホームセンターの在庫売り尽くしでかなりお安く手に入りました。

これに限らず、ご家庭に眠っている様々な健康器具を活用すべき時がやってきたのではないかと思います。

 

今日もテレワークが終わってからすべての器具を使って運動しましたが、たぶん明日動けないくらいに体がバキバキになりました(^^;

たぶん普段から運動している方にとっては何てことないと思いますが、私のような運動不足な社会人にはちょうど良い運動強度です。

 

このほか、プッシュアップバーやアブローラー、ダンベルなども使えると思います。

これを機に、外出自粛&運動不足解消をしてみませんか?

 

 

 

 

テレワーク初心者が快適に仕事をする方法

私の職場でもテレワークが始まりました。

家で出来ることは限られてはいますが、可能なことをできる限りやりやすくしていきたいと思います。

 

この記事では、ノートパソコンを使ってかつ自宅にある機材を活用して、できる限り快適に仕事をする方法を紹介したいと思います。

必要なものはHDMIケーブルとモニター、そしてキーボードです。

 

我が家のようにUSB接続で電源がとれるモニターがある家庭は珍しいと思いますが(笑)デスクトップPCをディスプレイにつないでいるご家庭はあるかと思います。

そのパソコンで仕事ができれば早いですが、オフィスが入っていないとか使用できるパソコンが限定されているなどの理由がある場合、仕事用のノートパソコンとディスプレイをつなげば大画面で快適に仕事ができる場合があります。

ディスプレイに複数のポートがある場合は新たなポートにHDMI接続すればよいですが、一つしかない場合は手動で繋ぎ変えるか、あるいはHDMIセレクタがあればそれを使う手もあります。

また、デスクトップPCをお使いであれば、場合によっては余剰のキーボードがある場合もあると思いますので、それを活用すると良いと思います。

 

我が家では故障に伴って何度かパソコンを買い替えたことがありますが、極力周辺機器などは保管しております。

案外そういったものを使って快適に仕事ができる場合がありますので、今週末にでも押入れを探ってみてください!

マスクに続いて電池やハンドソープも品切れ

マスクに関しては、全く手に入らないわけではないようですが、品切れが続いている薬局も多いですね。

店舗に入荷したタイミングでの販売となり、朝一で並んだからといって手に入るわけではなさそう。

私も仕事柄マスクは必要なので欲しいのですが、なかなか手に入らないため、洗濯可能なマスクの使用に切り替えました。

布マスクを使う上で承知して頂きたいことは、不織布に比べて繊維の目が粗いと言うこと。

性能は若干劣ります。

ただ、インナーマスクというマスクと口の間に挟む不織布や布も販売されているため、工夫次第ではうまく使えそうです。

楽天を中心に、国産布マスクは1枚1500円程度で入手が出来るようです。

モノによっては洗濯機不可のものもありますので、ご確認ください。

 

電池に関しては、体温計用の小型ボタン電池CR1025やLR41が品薄となっています。

ネットでは転売業者が極めて高い値段で販売しているケースもあり、大変残念です。

電池の種類によっては、ネット通販やオークションサイトで比較的安価に購入できる場合がありそうです。

ただ、偏見を持ってはいけませんが、国外の出品者の場合は注意した方が良さそうです。

ついでに言うと、体温計はほぼ手に入らない状態かと思います。

国産メーカーの品を出品している業者もありますが、素性の解らないところも多く、本物が届くか怖いところです。

電池に関してはAmazon楽天、メルカリ等で比較的安価に手に入る可能性がありますが、レビューなどをしっかりと調べて、詐欺ではないことを確認した上で購入されることをお勧めします。(店頭で見かけるメーカーの品はほぼ手に入らないと思います。聞き慣れない海外メーカーのものか、運が良ければ国内メーカーの逆輸入品が手に入る場合があります。)

 

最後にハンドソープ。

職場で聞いてびっくりしましたが、品薄の店舗もあるようです。

ネットにはあり得ないほどの高値がついているものもたくさんあります。

たまにAmazonに普通の値段で売っている場合がありますが、お勧めなのはASKULです。

ポンプ入りのキレイキレイが現在ほぼ通常の値段で販売しております。

また、うちの近くではたまたま入荷したてだったようで、普通に手に入りました。

 

焦ってはいけないし、買い占めてもいけませんが、最低限必要なものは手元に置いておきたいですね。

コロナ蔓延期のマスク事情

コロナ蔓延の影響で不織布マスクがすっかり手に入らなくなってしまいました。

私の住んでいる地域では早朝から、並べば全く手に入らないわけではなさそうですが、職業柄地域の方に優先して使っていただいた方が良いので、手を出さずにいます。

とはいえ、手持ちの備蓄も減ってきたため新たな手を考えなければなりません。

 

そこで考えたのが洗濯可能な布マスクの活用です。

ネット記事を見ると、不織布マスクに比べて布マスクは目が粗いようですが、全く何もしないよりは効果はあるはずです。

そこで考えたのが布マスク+マスクインナーパッドの利用です。

色々と検索してみて製品のクォリティは様々でしたが、布マスクを洗濯しながら使いつつ、インナーパッドを併用するのが良いのではないかと考えるようになりました。

ただ、布マスクにも様々ありますので、それぞれのニーズに合ったものを用意されることをお勧めします。

政府も各家庭に送付してくれるようですが、地域によってどれくらい時間がかかるかわかりませんし、2枚しかもらえませんし、200円ほどのものが来るとのことで品質についても検証が必要ですし、本日のネットニュースで政府支給のマスクを使った施設でサイズが小さすぎで男性の着用が出来なかったみたいな記事もありますので、各自にあったものを手に入れた方が良いかと思います。

 

前述の通り布マスクの目は粗いので、各自の生活実態に合ったインナーパッドの併用をお勧めします。

政府による財政支援政策が出ましたし、困っているところを優先に、というのは解りますが、マスクをはじめとして、どの家庭でも財政負担は増したと思うんですね。

それらを軽減するのであれば、全世帯への一定額の支給、というのも検討しても良いのでは、と思ってしまいます。

今出ている政策の多くは、とりあえずのものと、票稼ぎの意味合いの強いものが多い気がしますので、全国民対象の建設的な対策を考えた方が良いと思いました。

また、これだけの事態になっている訳なので、いろいろな思惑はありつつ、緊急事態宣言のあり方についても検討しても良いかなと思います。

何が正解かは解りませんが…

骨伝導ワイヤレスヘッドフォン”aftershokz aeropex”レビュー

au WALLETポイントを持っている人であれば、au Wowma!でお得に買い物ができる事があります。

というのも、au不定期でキャンペーンを行なっており、これを利用するとau Walletポイントを●●%増量してau Wowma!で使えるポイントに変換できます。

ただし、美味しい話には裏があるもので、変換したポイントは2週間で消失します。

3月1日〜3月31日のキャンペーンでは50%増量でした。

私は10000ポイント近く持っていましたので(伊達に大学時代からauを使っていません/笑)変換後のポイントは15000ポイントになります。

どうやらずっと前の別のキャンペーンで3000ポイント近く持っていたようで、せっかくなので以前から気になっていた骨伝導ヘッドホンを買ってみることにしました。

 

独身時代にはヘッドホンやイヤホンにこだわって色々と試しておりました。

ですが、結婚して以来はヘッドホンやイヤホンを使うと耳を塞いでしまうため、何となく家にいながら家族と壁を作っているような感じがして使わずにいました。

ゼンハイザーのオーバーヘッド型ヘッドフォンなんてのも持ってましたが、使わずにいるうちに頭頂部に接するパッドがベトベトになってしまいました(^^;

(夏の暑い時期に溶けたのでしょうか…とにかくも直せそうにありません)

ただ、最近は妻もタブレットで番組をみる事が多くなり、同じ場所で異なる番組を見ながら作業をする事も多くなってきたため、何かいい方法がないかと考えていました。

そこで目をつけたのが骨伝導ヘッドホンです。

奥さんがタブレットで動画をみている時でも、自分が骨伝導ヘッドホンを使っていればお互い邪魔にはなりませんし、話をするのにも支障はないかな、と考えました。

 

前置きが長くなりましたが、ここからがaftershokz aeropexのレビューとなります。

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 コズミックブラック

試しにHuaweiのMediaPad M5 proとペアリングしてみましたが、マニュアル通りの操作で簡単にペアリングできました。

写真の通りコードがありませんので全く邪魔になりません。

骨伝導という言葉は聞いた事があるものの、イメージとしては骨を振動させて音を伝える??みたいな感じで、イマイチよくわからないところがあります。

また、本体からは音が一切出ずに振動で音を伝えているのでは…なんて思い込みもしていましたが、実際にはちょっと違いました。

 

今回骨伝導ヘッドホンを初めて試してみて、イメージと違っていた事が2つありました。

まず第一に、本体から音は出ています。

ごくごく小さい音ですので、周囲にいる人にとって生活音などでかき消されてしまうレベルの小さな音ですが、無音というわけではありません。

私が使ってみた限りでは、一緒に生活している家族が漏れた音を気にすることは全くありませんでした。

ですが、人によって設定ボリュームは違いますし、気になる気にならないもあるとは思いますので人によっては音漏れを気にしなければならないかもしれません。

購入前に見たレビューでは音漏れがあるという記載も見受けられました。

 

2点目として、再生音量によっては外部の音が聞き取りづらい場合があるということです。

物理的に耳は塞がれていないものの、外の音が聞き取りやすいわけではありません。

意外と骨伝導で知覚する音と耳から入る音が干渉して、結果として骨伝導の方が若干勝ります。

通常通りに外の音が聞こえるわけではない、という点は留意すべきかと思います。

ですが、耳を密閉するタイプのイヤホンやヘッドホンに比べては外の音が入ると思います。

 

続いて、これをつけたまま寝ることが出来るかどうか気になっている人もいると思います。

結論から述べると「無理」だと思います。

公式HP等から装着した写真を見ていただければ解るかと思いますが、バンドは頭部と密着する作りにはなっておりません。

ですので、どのような寝方をしても枕と干渉します。

安いものではないので、無理してつけて寝て断線しても悲しいですからね。

枕がなければかろうじていけなくもないかな…とは思いました。

 

最後に、音質に関して述べて終わりたいと思います。

飽くまで個人的な意見になりますが、このヘッドフォンをどのように捉えるかによって評価は異なると思います。

一般的なヘッドフォンと同列で考えれば、「悪くないけどずば抜けて素晴らしい訳ではない」という感じです。

価格を考えれば、解像感や立体感がもう少し出ると良いとは思いますが、決して悪い音ではないです。

安物のヘッドフォンなどでは、音がこもって感じられることがありますが、こちらでは一切そのような事はありません。

クリアな優等生的な音だと思いますが、音の一粒一粒が感じられるか、と言えばその域には達していないかなという感じです。

他の骨伝導ヘッドフォンを試した訳ではないので比較は出来ませんが、装着感が良く耳を塞がないというこれまでにない性質を有したヘッドフォンだと考えると、これだけの音質を実現しているのは極めて素晴らしいかなと思います。

 

骨伝導ヘッドフォンが必要」な環境にいらっしゃる方にとっては、費用対効果に優れたヘッドフォンになろうかと思います。

今回の私のように耳を塞ぎたくない人もいれば、耳の穴の大きさからイヤホンをはめにくい人もいるでしょう。

また、私もそうですが、今はやりのカナル型イヤホンが苦手な人にとっても良い選択肢になるのではと思います。

 

色んな意味で生活に溶け込んだヘッドフォンとなってくれるのは間違いないですので、日常生活を維持しつつ良い音を楽しみたい場合にはうってつけのヘッドフォンかと思います。

また、体を動かしてもずれることはあまりないかと思いますので、ジムなどで運動しながら音楽やネットラジオなどを楽しみたい場合にも使えるかと思います。

ただ、設定ボリュームによっては外音が聞こえにくい場合もありますので、用途によって事故に繋がらない運用方法を考える必要はあるかと思います。

(特にサイクリングやランニングで使用する場合)

 

色々書きましたが、今回買ってみて生活がよりよくなるヘッドフォンだと思いました。

f:id:arumajirocket:20200405191414j:plain

 

フリマアプリでパソコンを買ってみる

我が家では長らくMac mini late2012モデルを使っています。

発売から8年が経ちますが、なかなかどうして快適に使えます。

途中Windowsマシンは何回か変えましたが、Macはこの一台が常に現役です。

とはいえ、年季も入っているので故障した際の事も考えないと……と思い、久しぶりにAppleのサイトへ。

Mac miniはモデルが新しくなっており、SSD+16Gメモリを積んだ日には20万円を超えてしまうことも。

再生備品は新品よりも安いものの、そこそこのスペックならいい値段がしますし、都合よく在庫があるとは限りません。

ということで、今回はフリマアプリで中古Mac mini late2012モデルを購入してみることにしました。

 

理由は単純。

late2012モデルまではメモリと記憶媒体の換装ができます。

これ以降はメモリがオンボードになり、自前の交換ができない上に、一般的に8Gや16Gメモリ搭載モデルは高価になる傾向があります。

メモリに関して言えば、帯電にさえ気をつければ素人でも簡単に交換ができるため、比較的安価にメモリ交換できると思います。

HDDやSSDの感想については特殊な工具でネジやケーブルを外さなければならないため、素人には敷居が高いですが、サードパーティ業者に依頼をすれば純正サポートよりも費用を抑えることができます。

 

ということで、今回はメルカリで購入してみました。

(出品者曰く)美品+ワイヤレスキーボード&トラックパッドが希望の価格帯内であったため、即決しました。

今使っているものが故障してからでも良いのですが、2012年製モデルのため、いつまで手に入るかが微妙な状況で、このタイミングでの購入となりました。

ともあれ、フリマアプリでの中古PC購入を検討中の方の参考となればと思い、この記事を書きたいと思います。

 

今回初めて中古PCを買ってみて、気になったのは3点です。

1点目は商品紹介にあった「美品」「大切に使ってきました」という表現です。

実際に届いた物を見て、Mac mini本体は極めて綺麗でしたが、白い電源ケーブルは黄ばんでおり、キーボードはキーの間に埃が…換装すること前提でメモリ4GBモデルを購入したので、裏蓋を開けて交換しようとしたところ、びっくりする程埃が溜まっておりました。

よく考えてみれば、「美品」というのも極めて主観的なものですので、使用者本人がそう感じていたらそうなんですよね。

ケーブルに関しては除菌シートで洗浄し、本体内部は掃除機で綺麗にしました。

キーボードは綿棒で清掃してかなり綺麗になりました。

 

2点目には、どんな中身のPCが届くかわからないという点は覚悟しておかないといけないかなと思います。

届いた商品を起動してみたところ、起動時にパスワードを要求されました。

出品者様からはそのような情報を一切いただいておりませんでしたので驚きましたが、いくつかありがちなパスワードを入力してみたところ解除できました。

(もしかしたら、出品者様は購入者にリカバリをかけて使ってほしかったのかもしれませんが、常識的には出品者がリカバリをかけて送るものではないかと思います。)

色々と履歴データにアクセスしてみましたが、出品者のブラウザ履歴なども残っており、ハードウェア情報(キーボードやトラックパッドなどの使用者名が表示される状態でした)も残っていました。

ただ、情報量はさほど多くなかったので、一度リカバリをかけてから少しの間使っていたのでしょうね。

 

3点目としては、起動する=故障していないというわけではない、という点です。

パソコンで故障の多い部品にHDDがありますが、今回届いた品もHDDに不良がありました。

起動できないレベルではありませんでしたが、S.M.A.R.T情報を見ると、一部閾値を超えた項目があり、いつ故障してもおかしくない状態でした。

ただ、これまでの事を考えると、そこまでパソコンに強くはない出品者様のようですので、今回のような故障予測はおおよそできなかったのではないかと推測します。

ですので、今回に関しては受け取り評価は最良にして取引を完了しました。

(中古PCを個人間で取引するなら、この程度のリスクは覚悟すべきかと思います。)

また、ほぼ無いとは思いますが、そのまま使ってPC本体に仕込まれていた不正プログラムによってクレジット番号をはじめとした個人情報が盗まれる可能性についても気にしておいた方が良いのではないかと思います。

回避方法としては、本体のリカバリ記憶媒体の換装+OSインストールが有効かと思います。

もともと内蔵のFusion DriveをSSDに換装するつもりでしたが、素人には少々難しそうな作業でしたので、MacLab様にお願いをしました。

これに関しては別記事でレビューをしたいと思います。

 

今回の取引に関しては、リスクは予想の範囲内で、おおよそ満足な取引でした。

皆様がフリマアプリなどでPCを購入する際の参考となれば幸いです。

【解決策】ワイヤレスキーボードで遅延が発生する

年末に帰省したところ、TK-FDM078MBKが500円で売っていたのでついつい買ってしまいました。

レビューで散見されたのが「キーボード入力時に遅延が発生する」ということ。

ロジクール社のUnifying対応キーボードでもたまに見かける現象です。

 

全ての事象に共通はしないでしょうが、原因の一つに外付けHDDが挙げられます。

ワイヤレスキーボードで遅延が発生する際に、USBドングルを挿したポートの近くに外付けHDDのUSBケーブルがささってたりしませんか?

なぜそのようなことが起こるのかは解りませんが、キーボードのレシーバーと外付けHDDのUSBが挿さっているポートが近い場合に、キーボードの入力遅延が発生するようです。

 

「近さ」がキーワードならば遠ざければよいわけで、PCの前と後ろにポートがある機種ならば干渉しないように挿せばよいです。

それがかなわないならばUSB延長ケーブルにレシーバーを挿すという手もあります。

BUFFALO USB延長ケーブル 2.0対応 スタンド付 2.0m ブラック BSUC20EDBK

Buffalo社のBSUC20EDBKという製品ですが、小型で目立たないのでPCを設置した周辺の家具の下に設置するなどすれば、HDDとの干渉はほぼ起こりません。

 

余談になりますしこんなことをしている人はほぼいないと思いますが、一つのモニターを複数のパソコンで共有して使っていらっしゃる場合に有用なものを紹介します。

タッチパネル用のUSBケーブルやキーボード・マウス用のドングルを切り替えて使いたい場合に便利なのがUSB切り替え器です。

エレコム KVMスイッチ キーボード・マウス用 手元スイッチ付 ブラック KM-A22BBK

エレコム社のUSB切り替え器ですが、上記キーボードとタッチパネル用のケーブルを繋いでも遅延なく上手に処理してくれます。

価格も安いのでお勧めです。

PCを切り替えるスイッチは家具の下にでも潜ませておけばOKです。