くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

未来型万歩計でライフログをとろう!

活動量計というものをご存じですか?

内蔵センサーを使って歩数や体動、心拍などの生体データを取得することが出来ます。

データを活用すると・・・

・歩数を記録できる。

・歩数(や心拍)データを使って一日の消費カロリーを推定できる。

・睡眠状態(浅い、深いなど)を記録できる。

・一日の活動記録をとることが出来る。(いつどのような運動をしたか、など)

・心拍を記録できる。 

 歩数ベースで記録をとるため、それぞれのデータの精度は必ずしも高いものではないかもしれませんが、自分の生活を客観的に見ることの出来るツールかと思います。

 

主要活動量計メーカーとその傾向

□Jawbone

万歩計型ものとリストバンド型の2種類があります。

現在販売中のリストバンド型の評判はイマイチですが、万歩計型のup moveは安価で使いやすくて良いです。

私も以前使っていましたが、大変落としやすく、購入後一週間で無くしてしまいました(^^;

アプリはグラフで活動量を示してくれるので大変見やすいです。

 

□Fitbit

万歩計型のものとリストバンド型の2種類があります。

総じて評価は高いものの、ネットのレビューでは故障率とサーポートの悪さが取りざたされています。

実際に使ったことが無いため、この点は何とも言いがたいものがありますが、私が購入を見送った一因でもあります。

数少ない心拍まで計れるモデルがFitbit Charge HRですが、24時間つけるのには大きめの本体が気になりました。

 

□Misfit

円盤形の機器をシリコン製のバンドに入れて使います。

腕にも服にもつけられます。

かなり食指が動きましたが、測定項目が少ないのと、アプリが貧弱なのが相まって、購入を見送りました。

シリコンバンドも外れそうで怖かったので。

測定項目を考えると、価格は高めかと思います。

 

Garmin

腕時計タイプのモデルを多数販売しています。

スポーツモデルはディスプレイが大きめですが、24時間つけるのを想定したモデルは比較的小型で軽く、装着感も大変良いです。

測定項目も多岐にわたりますが、若干アプリが使いにくかったり、結果がわかりにくかったりする事もあるのも事実です。

ただし、ユーザーからのフィードバックを積極的に取り入れており、改良も加えられているため、今後に期待かなと思います。

結局私が現在使っているのは、こちらのvivofit2です。

測定項目の多さと軽さ、装着感の良さ、そして価格が決め手でした。

本体で心拍測定は出来ませんが、ANT対応と言うことで、CAT EYE製の安価な心拍センサーなど使えるのも高評価です。

(心拍センサーを使えば、有酸素運動時の脂肪燃焼ゾーンがわかりやすいため、大変便利です。)

こちらに関しては、後ほど詳しいレビューなどのせたいと思います。

広告を非表示にする