読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまの湯

温泉&デジタルガジェット好きの管理人が色々語ってます♪効果的なダイエットの紹介もしています。

Windows8.1で周辺機器がうまく動かないとき

Windowsタブレット(QH55/M)にBDR-XD04Jを接続したところ、マイコンピュータにドライブが表示されませんでした。

デバイスマネージャーをのぞいてみると、「!」マークがついており、ドライバ情報を開くと以下のエラーメッセージが表示されました。

 

このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。ハードウェアまたはソフトウェアに最近加えられた変更により、正しく署名されていないファイルや破損したファイルがインストールされた可能性があります。また、出所の不明な悪意のあるソフトウェアであることも考えられます。 (コード 52)

 

色々調べた所、Windows8以降では署名のないドライバーはインストールできないようです。

しかも、無理矢理インストールしようとすると滅茶苦茶面倒くさいときた。

 

以下やり方を書いておきますが、飽くまで『自己責任』でお願いします。

 

【タイプ1】抱き合わせで入れたアプリに問題がある

導入しようとしていた外部機器付属のアプリをアンインストールし、外部機器が安定して動作するかを確認してください。

私の場合、付属していたCyberlink instantburnが原因でした。

まさか純正付属ソフトが邪魔をしていただなんて思いもしませんでした。

 

【タイプ2】ドライバー署名の強制を無効にする必要がある場合

 

1.Windowsボタン+Rを押す。

2.テストモードを有効にします。出てきたボックスに以下の文字列をコピペして実行。

 

bcdedit /set TESTSIGNING ON

 

3.チャームを出して(タッチ画面の場合、画面の右端から左にスワイプ)、『PCの設定変更』を選びます。

4.『PCの起動をカスタマイズする』→『PCの保守と管理』→『今すぐ再起動』を選びます。

5.再起動したら、『ドライバー署名の強制を無効にする』を選べばOK。このメニューの左側に表示される番号を押すか、該当する番号のファンクションキーを押せばOK。BitLockerで暗号化されている場合はパスワードが必要になります。

6.再び起動したら、周辺機器を接続し、初期設定を行えばOK。

 

これで成功すれば、次回以降も普通に使えるはずです。

私の場合、この作業後に関連ソフトをインストールし、再起動したら再び同症状に落ちいったため、同じ事をしたら今のところノートラブルです。

ただし、パソコンが起動してから周辺機器を接続するようにしています。

 


 ☆タブレット関連記事

[Win]最強Windowsタブレット その2 - くまの湯

[タブレット]nasne+ タブレットでテレビの電気代を減らそう - くまの湯

最強Windowsタブレット! - くまの湯

Windows8.1+Station TV Link ~ タブレットに強烈に効く! - くまの湯

ハイスペックWindowsタブレットが欲(惜)しい。 - くまの湯

最強のWindowsタブレットはどれだ! - くまの湯

SONY製品以外でnasneを使う - くまの湯

オフィスが使えるタブレットを買おう - くまの湯

停電から電化製品を守ろう! - くまの湯

BDR-XD04の電力供給 - くまの湯

Windows8.1で周辺機器がうまく動かないとき - くまの湯

余った機器を有効活用 ~ 帰省をもっと楽しくしよう! - くまの湯

Blutooth キーボード - くまの湯

blutoothアダプタ - くまの湯

Windowsタブレットデビュー♪ - くまの湯

OSからタブレットを選ぶ - くまの湯

タブレットを買って良かったこと - くまの湯

iPadにするか、Androidタブレットにするか、それが問題だ - くまの湯

NASの選び方 - くまの湯

NASでスマホ、タブレット、ipod touchが面白くなる! - くまの湯

 

 

 

広告を非表示にする